「後頭骨」の版間の差分

編集の要約なし
m (ロボットによる 追加: az:Ənsə sümüyü)
編集の要約なし
'''後頭骨'''(こうとうこつ、Occipital bone)は、[[哺乳類]]において、脳頭蓋後部を形成する骨である。
 
ヒトの後頭骨は、[[頭蓋]]の後下部に位置する骨<ref name="mori55">[[#森|森ら]], p.55</ref>で、台形で曲がっている。[[大後頭孔]]と呼ばれる大きな楕円型の穴が開いており<ref name="mori55" />、[[頭蓋腔]]と[[脊柱管]]とを結んでいる<ref name="mori56">[[#森|森ら]], p.56</ref>。大後頭孔の後方にある曲がった広い板は後頭鱗と言い、正面にあるやや四角形の部分は底部、両側を外側部という<ref name="mori55" />。
==後頭鱗==
大後頭孔の上方、および後方に位置している後頭鱗は、上下から前後に曲がっている。