「スリックタイヤ」の版間の差分

→‎モータースポーツ: スリックタイヤの使用後添付
m (r2.7.2+) (ロボットによる 変更: en:Racing slick)
(→‎モータースポーツ: スリックタイヤの使用後添付)
 
== モータースポーツ ==
[[ファイル:Paris - Salon de la moto 2011 - Kawasaki - Ninja ZX-10R Team SRC- 003.jpg|サムネイル|サーキット走行に用いられた後のタイヤ]]
路面状況によって性能が著しく変化するため、レース戦略や[[レーサー]]の好みに応じて、レースにおいては複数の種類が運用されることが多い。これらは長時間走行性維持性能や短時間における走行性能、路面の舗装の違い等に対応し、様々なものが使用される。短時間のグリップ性能を追求したタイヤは非常に軟らかく、アスファルトの上を走行する事によって、まるで消しゴムをかけるように簡単に表面がえぐられていく
 
[[フォーミュラ1|F1]]では1998年~2008年まで、危険なほど速くなり過ぎた旋回速度を制限する目的で、レギュレーションにより、[[グルーブドタイヤ]]の使用が義務付けられていたが、2009年から再びスリックタイヤを使用している。
2,387

回編集