「吸光度」の版間の差分

m
スタイル修正
m (r2.7.1) (ロボットによる 追加: ko:흡광도)
m (スタイル修正)
[[ファイル:Beer lambert.png|thumb|吸光度測定]]
'''吸光度'''(きゅうこうど、[[英語{{lang-en-short|英]]: absorbance)absorbance}})とは[[分光法]]において、ある物体を[[光]]が通った際に強度がどの程度弱まるかを示す[[無次元量]]である。'''光学密度'''(こうがくみつど、[[英語{{lang-en-short|英]]: optical density)density}})とも呼ばれることがある。吸収・[[散乱]]・[[反射]]をすべて含むため、吸収のみを表すものではない。
 
[[分析化学]]において、[[波長]] λ &lambda;における吸光度 ''A''<sub>λ&lambda;</sub> は
:<math>A_\lambda = -\log_{10}(I/I_0)</math>
と定義される。つまり、入射光強度 ''I''<sub>0</sub> と透過光強度 ''I'' の比([[透過率]])の[[常用対数]]をとり、吸収のある場合を正とするために負号を付けたものである。透過率が光路長に対し[[指数関数であ的減衰]]するのに対し、吸光度は対数で表されているため光路長に[[比例]]して減少する。例えば透過率が 0.1(吸光度が 1)の物体の厚さが3倍になったとすると透過率は 0.1<sup>3</sup> = 0.001 になるのに対し、吸光度は単に3倍になる。
 
吸光度を[[吸収係数|吸光係数]] α &alpha;と光路長 ''L'' とを用いて表すと、α&alpha;''L'' = -[[自然対数|ln]] (''I'' /''I''<sub>0</sub> ) なので
:<math>A_\lambda = -\log_{10}(I/I_0) = -\frac{\ln (I/I_0)}{\ln 10} \simeq 0.434 \alpha L</math>
となる。
 
吸光度を測定するためには分光光度計が使用される。測定する光の波長帯により光源と検出器が異なる測定装置が用いられる。
 
液体の吸光度を測定する場合は石英セルに入れることが多い。その場合は ''I''<sub>0</sub>が空のセルの透過光強度、''I'' が試料セルの透過光強度となる。
吸光度は試料セルの光路長と試料濃度 ''C'' に比例し、
:<math>A_\lambda = \alpha LC</math>
で表される。これを'''[[ランベルト・ベールの法則]]'''と呼ぶ。この法則を使うと[[検量線]]から物質濃度を算出できる。
 
== 測定方法 ==
吸光度を測定するためには[[分光光度計]]が使用される。測定する光の波長帯により光源と検出器が異なる測定装置が用いられる。
 
液体の吸光度を測定する場合は石英セルに入れることが多い。その場合は ''I''<sub>0</sub> が空のセルの透過光強度、''I'' が試料セルの透過光強度となる。
 
== 関連項目 ==