「藤原喜明」の版間の差分

整理
(整理)
[[岩手県立黒沢尻工業高等学校]]卒業後、サラリーマンや[[板前]]を経て、[[1972年]]に[[新日本プロレス]]に入門。デビュー戦は同年11月12日、[[和歌山県]][[白浜町]]坂田会館の[[藤波辰爾|藤波辰巳]]戦。新人時代から[[カール・ゴッチ]]に師事して、関節技をはじめとするレスリングの技術を学ぶ。テクニックは優れていたが、華がなく、前座試合を続ける。しかし[[アントニオ猪木]]のスパーリング・パートナーに抜擢され、海外遠征にも帯同した。
 
それまでは猪木の用心棒というだけで単なる前座の一レスラーに過ぎなかったが、[[1984年]]2月3日の札幌大会で、[[長州力]]を試合直前の花道で襲撃し“'''テロリスト'''”として一躍脚光を浴びる。その日以来長州力率いる維新軍団との抗争で無くてはならない存在になる(実際その頃から[[ワールドプロレスリング]]([[テレビ朝日]])では、関節技を主体とした独特のファイトスタイルや、独特の人相も相俟って毎回中継に登場するレスラーとなり一躍知名度が上がった)。その後は愛弟子の移籍に伴い、同年6月に第1次[[UWF]]に参加。ここで漸く持ち前の関節技のテクニックを披露し、[[プロレス]][[マスメディア|マスコミ]]のバックアップもあり硬派のファンの注目を集める。新日本復帰、第2次UWF参加を経て、[[1991年]]3月に[[藤原組]]を旗揚げしたが、2度に及ぶレスラーの大量離脱([[1993年]]に[[パンクラス]]、[[1995年]]に[[格闘探偵団バトラーツ]]が分裂)を経て、団体としての機能を失った。以後はフリーランスとして選手活動を続けている。その技術を見込まれ、男女問わず(特に[[神取忍]]は弟子といっても良い関係で各種の関節技および一本足頭突きを伝授されている)指導を請う後輩レスラーも多い。[[プロレスリングZERO-ONE|ZERO-ONE]](現[[ZERO1]])時代はフリーとしての参戦ながら[[橋本真也]]のタッグパートナーや若手選手の指導員としても貢献する(ただし、指導はしても弟子は取らないと発言していて、弟子入り志願者にはバトラーツに行くように勧めている)
 
その技術を見込まれ、男女問わず(特に[[神取忍]]は弟子といっても良い関係で各種の関節技および一本足頭突きを伝授されている)指導を請う後輩レスラーも多い。[[プロレスリングZERO-ONE|ZERO-ONE]](現[[ZERO1]])時代はフリーとしての参戦ながら[[橋本真也]]のタッグパートナーや若手選手の指導員としても貢献する(ただし、指導はしても弟子は取らないと発言していて、弟子入り志願者にはバトラーツに行くように勧めている)。
 
2007年胃がんで手術し引退も覚悟したが翌年12月に復帰<ref>[http://sankei.jp.msn.com/life/news/110121/bdy11012114510024-n1.htm 藤原喜明さん、がん宣告も現役続ける] MSN産経ニュース 2011年1月21日閲覧</ref>。現在も不定期ながら全日本プロレスなどのリングに上がっている。[[イノキ・ゲノム・フェデレーション|IGF]]にも参加し猪木に協力している。
 
== リング外での活動 ==
芸能活動も行っており、出演したテレビ番組、[[映画]]、[[Vシネマ]]は多数あり、その風貌から[[暴力団]]関連の役が多い。また、[[イラストレーション|イラスト]]執筆、[[盆栽]]、[[浪曲]]鑑賞、[[陶芸]]などの多趣味でも知られる。Vシネマにおいては「SAEKO」という作品で、当時まだデビュー間もない無名時代の[[常盤貴子]]主演の作品で共演しており、常盤演じるSAEKOの[[用心棒]]役で、その役名も藤原で常盤に「ふじわらーっ」と呼ばれていた。
 
「[[オールスター感謝祭]]」([[TBSテレビ|TBS]]で毎年春・秋の特番)に於いてはよくスポーツ物の[[アトラクション]]があり、[[相撲]]もよく催されるが、藤原と[[チャック・ウィルソン]]の一騎打ちというのが恒例となっていた。[[テリー伊藤]]企画のテレビ番組で、[[クマ|熊]]と戦ったことある(爪をカットした熊である)。熊は力が強すぎて、観あうだけで何も出来ず終わってしまった。ただ、後にこの対戦に関して格闘技に関する本に「何もしないのが最大の防御(下手に踏ん張るとダメージが大きくなる)だった」と記述されている。
 
== エピソード ==
* 前座時代は「イラストが得意」「無口」で有名だった。なお、イラストについては、“'''テロリスト'''”として脚光を浴びる前から、[[東京スポーツ]]刊行の隔週タブロイド誌「ザ・プロレス」で読者投稿の批評コーナーを持っていた。
* 「長州襲撃」以前に1回だけTVでその試合が放送された(木村健悟&藤原喜明vsディック・マードック&バッドニュース・アレン)。さらにそれ以前、1982年1月1日に[[後楽園ホール]]での「元旦決戦」にて行われた、カール・ゴッチとのエキシビションマッチが、TVの生中継(「新春プロレススペシャル」)で流れたこともある
* さらにそれ以前、1982年1月1日に[[後楽園ホール]]での「元旦決戦」にて行われた、カール・ゴッチとのエキシビションマッチが、TVの生中継(「新春プロレススペシャル」)で流れたこともある。
* 新日本に出戻っていた時期(1986年)に、[[EMIミュージック・ジャパン|東芝EMI]]より「湯の町ひとり」というシングルを出している(ただし、UWF事務所での通信販売のみ)。
* いわゆる“ナウリーダーズ(旧世代軍…猪木、坂口、マサ斎藤ら…)VSニューリーダーズ(新世代軍…長州、藤波、前田ら…)”の世代抗争では、その風貌から旧世代軍に入れられたが、年齢的には長州より2歳上なだけであった。
* 「スポーツドリンク」と称して酒を飲むパフォーマンスがある。酒が入っている状態では饒舌なためトークイベントなどでは酒を用意していることも多い。ただし酒はかなり強く大量に飲んでも泥酔はおろか意識がはっきりしていて会話も普段通り行える。
* プロレスマスコミのインタビューに対し、おふざけが多いことでも知られる。毎年作成された雑誌企画のレスラー名鑑の「抱負」の欄にダジャレをコメントする。またUWF所属の頃に抱負を聞かれて、「[[PWF]]のチャンピオンになる」と答えた。当時、[[全日本プロレス]]とUWFの間に接点がなかったことや藤原自身が説明をしなかったことから、謎として残ったが、後に自ら興した団体を「新生UWF・藤原組」から「プロフェッショナルレスリング藤原組」に改称した際に、その略称がPWFとなると気付いたプロレスマスコミが納得して、改めて当時の抱負を紹介した、というエピソードがある。
* [[漫画家]]・[[大橋ツヨシ]]の作品に、彼を主人公とした[[4コマ漫画]]『藤原でございます』がある。
* [[イノキ・ゲノム・フェデレーション|IGF]]にも参加し猪木に協力している。
 
芸能活動も行っており、出演したテレビ番組、[[映画]]、[[Vシネマ]]は多数あり、その風貌から[[暴力団]]関連の役が多い。また、[[イラストレーション|イラスト]]執筆、[[盆栽]]、[[浪曲]]鑑賞、[[陶芸]]などの多趣味でも知られる。Vシネマにおいては「SAEKO」という作品で、当時まだデビュー間もない無名時代の[[常盤貴子]]主演の作品で共演しており、常盤演じるSAEKOの[[用心棒]]役で、その役名も藤原で常盤に「ふじわらーっ」と呼ばれていた。
 
「[[オールスター感謝祭]]」([[TBSテレビ|TBS]]で毎年春・秋の特番)に於いてはよくスポーツ物の[[アトラクション]]があり、[[相撲]]もよく催されるが、藤原と[[チャック・ウィルソン]]の一騎打ちというのが恒例となっていた。
 
[[テリー伊藤]]企画のテレビ番組で、[[クマ|熊]]と戦ったことがある(爪をカットした熊である)。熊は力が強すぎて、観あうだけで何も出来ず終わってしまった。ただ、後にこの対戦に関して格闘技に関する本に「何もしないのが最大の防御(下手に踏ん張るとダメージが大きくなる)だった」と記述されている。
 
[[漫画家]]・[[大橋ツヨシ]]の作品に、彼を主人公とした[[4コマ漫画]]『藤原でございます』がある。
 
入場テーマ曲は「[[ワルキューレの騎行]]」([[リヒャルト・ワーグナー|ワーグナー]]作曲)で、新日本プロレスの前座時代は別の曲の時代もあった。当初は[[クラシック音楽|クラシック]]([[オペラ]])の曲は藤原の柄にも合わないと批判の声すら上がったが、藤原の注目度と共に妙にマッチするようになり、現在ではイントロだけで拍手喝采である。
 
2007年胃がんで手術し引退も覚悟したが翌年12月に復帰<ref>[http://sankei.jp.msn.com/life/news/110121/bdy11012114510024-n1.htm 藤原喜明さん、がん宣告も現役続ける] MSN産経ニュース 2011年1月21日閲覧</ref>。現在も不定期ながら全日本プロレスなどのリングに上がっている。
 
== 得意技 ==
 
海外で人気の出た[[キラー・カーン]]が帰国後に突如、藤原との対戦が組まれ、彼が持つ本来の実力を知るカーンがリングから逃亡したことがあった(記録はリングアウト)。
 
== 入場テーマ曲 ==
* [[ワルキューレの騎行]]([[リヒャルト・ワーグナー|ワーグナー]]作曲)
入場テーマ曲は「[[ワルキューレの騎行]]」([[リヒャルト・ワーグナー|ワーグナー]]作曲)で、: 新日本プロレスの前座時代は別の曲の時代もあった。当初は[[クラシック音楽|クラシック]]([[オペラ]])の曲は藤原の柄にも合わないと批判の声すら上がったが、藤原の注目度と共に妙にマッチするようになり、現在ではイントロだけで拍手喝采である。
 
== ゲーム ==
115

回編集