「時刻系」の版間の差分

 
 
*'''[[地球力学時]]'''('''TDT'''、[[:en:Terrestrial Time#History]])は暦表時(ET)に代わる時刻系で、暦表時との連続性を維持していた。TDTは一様に進む原子時(TAI)に基づく時間間隔を持ち、SI秒を単位とした。TDTはTAIと結び付いていたがTAIの原点の定義には若干任意性があったため、TDTはTAIと32.184秒という定数秒だけ、ずれを持たせていた。このずれによって暦表時との連続性が保たれた。地球力学時(TDT)は現在は1991年に[[地球時]](TT)として再定義されたので、現在では使われていない
 
 
*'''[[地球時]]'''('''TT'''、[[:en:Terrestrial Time|Terrestrial Time]])はかつて、1991年まで地球力学時('''TDT'''、[[:en:Terrestrial Time#History]])と呼ばれていた時刻系を再定義したものである。地球時(TT)は現在は[[地球]]表面(正確には[[ジオイド]]表面上)での[[座標時]]として定義されていである。TT = TAI + 32.184秒(正確に)である[http://aa.usno.navy.mil/faq/docs/TT.php]。ここでTAIは[[国際原子時]]である。[[天文学]]で用いられる[[元期]][[J2000.0]]は、[[ユリウス日]]で2451 545.0 TT、又は 2000年1月1日12h TTである。この元期J2000.0は、[[国際原子時]]では2000年1月1日11:59:27.816 TAI、[[協定世界時]]では2000年1月1日11:58:55.816 UTC と換算される。
 
 
匿名利用者