「亜熱帯高圧帯」の版間の差分

m
+{{出典の明記}}
m (r2.5.2) (ロボットによる 追加: nn:Hestebreiddene)
m (+{{出典の明記}})
{{出典の明記|date=2012年10月}}
[[ImageFile:Earth Eastern Hemisphere.jpg|thumb|right|250px220px|中央よりやや上が北半球の亜熱帯高圧帯。左側の北アフリカ上空は雲が無く、中央のインド付近はモンスーンのため雲が多い。]]
'''亜熱帯高圧帯'''(あねったいこうあつたい、[[英語]]:Horse Latitudes、Subtropical High)とは、緯度20–30度付近の地域に形成され、年間を通じて存在する高気圧。'''亜熱帯高気圧'''、'''中緯度高圧帯'''とも呼ばれる。
 
[[日本]]の夏の気候に大きく影響する[[太平洋高気圧|北太平洋高気圧]]もそのひとつである。北大西洋における[[アゾレス高気圧]]、南大西洋における[[セントヘレナ高気圧]]、南インド洋における[[マスカリン高気圧]]、南太平洋における[[南太平洋高気圧]]も、それぞれ亜熱帯高気圧である。