「台形公式」の版間の差分

m
編集の要約なし
m
[[数学]]において、'''台形公式'''(だいけいこうしき、{{lang-en|Trapezoidal rule}})もしくは'''台形則'''(だいけいそく)は[[積分|定積分]]を[[近似]]計算するための方法、すなわち[[数値積分]]のひとつである。これは[[ニュートン・コーツの公式]]の1次の場合である。被積分関数を[[区分線形関数]]で近似し、[[台形]]の面積の公式に帰着させて積分の近似値を求める。
 
具体的に言えば、求めたい''x'' -''y'' グラフの''y'' = 0を含む面積内に無数の[[台形]]を置くと、その台形の面積の集合和は本物の面積に限りなく近い値となる。
7,635

回編集