「本多康将」の版間の差分

編集の要約なし
編集の要約なし
編集の要約なし
}}
 
'''本多 康将'''(ほんだ やすまさ)は、[[近江国|近江]][[膳所藩]]の第3代[[藩主]]。[[本多康俊|康俊]]系本多家宗家3代。
 
元和8年(1622年)、膳所藩の第2代藩主(当時は[[三河国|三河]][[西尾藩]]主)である[[本多俊次]]の次男として三河西尾で生まれる。[[万治]]元年([[1658年]])に長兄の[[本多康長]]が早世したため、万治2年([[1659年]])12月15日に世子に指名され、12月28日に従五位下・兵部少輔に叙位・任官される。[[寛文]]4年([[1664年]])9月12日、父の[[隠居]]により[[家督]]を継いで第3代藩主となった。
 
[[延宝]]3年([[1675年]])に隠居を[[江戸幕府]]に願い出たが、許されなかった。延宝7年([[1679年]])6月18日、家督を兄の子で[[養子]]の[[本多康慶]]に家督を譲って隠居する。元禄4年(1691年)1月7日、膳所で死去した。享年70。
 
{{膳所藩主|本多氏|3代|1664 - 1679}}