メインメニューを開く

差分

 
== 作風 ==
一貫してエッセイ漫画がメインである。しかし東京時代と北海道時代ではコマ割りや絵に大きな変化がある。与えられるページが少ないこともあり、東京時代の「おもしろ図鑑」までの作品はコマ割りが非常に細かく、1ページあたり20コマ前後の細かいコマ割りで話の密度を高めていた。絵の描きこみの濃さや見開きを使ったインパクトのある緻密な絵も見られた。東京時代は、ルポの対象としてオカルト、UFOネタも好んでいたが、移住後はあまり取り上げることがなくなっている。特に東京時代はしばしば作中に写真を挿入しているが、それらに写る本人はほとんどメガネをかけているのに対し、マンガの中での本人は一貫してメガネなしである。
 
北海道移住後はこれまでのスタイルを変え、コマ割りは通常の漫画と同様1ページあたり7コマ前後となり、絵柄がシンプルなものへと変わっている。
匿名利用者