「島津綱貴」の版間の差分

編集の要約なし
'''島津 綱貴'''(しまづ つなたか)は、[[江戸時代]]の[[島津氏]]第20代当主。[[薩摩藩]]の第3代藩主。
 
慶安3年(1650年)10月、第2代藩主・光久の嫡孫として生まれた。寛文7年(1667年)12月25日、将軍家綱より、「松平」の名字と「綱」の一字を与えられ、「松平修理大夫綱貴」と称する。<ref>村川浩平「島津氏への松平氏下賜」『日本近世武家政権論』146~149頁。</ref>[[延宝]]元年([[1673年]])、父の綱久が42歳で早世したため、祖父の光久から後継者に指名された。[[貞享]]4年([[1687年]])7月、光久が隠居したため、家督を継ぐ。
 
家督継承後、薩摩藩は大洪水や大火などの災禍が相次ぎ、治世は多難を極めた。そのうえ、幕命による[[寛永寺]]本堂造営の普請手伝い、金銀採掘の手伝いなどを命じられ、薩摩藩の財政は逼迫した<ref>ちなみに、この時の普請の奉行は[[禰寝清雄]]、副奉行はその婿で綱貴の叔父の[[島津久明]]が勤める。</ref>。
匿名利用者