「1974年のオールスターゲーム (日本プロ野球)」の版間の差分

編集の要約なし
 
全セ監督・川上にとっては現役・監督として最後のオールスターゲームになった。対する全パ監督の野村は、選手兼任監督の球宴出場で20年ぶり2人目の快挙であった(この時監督業に専念している[[1964年のオールスターゲーム (日本プロ野球)|1964年]]に全パを率いた[[埼玉西武ライオンズ|西鉄]]・[[中西太]]監督も選手兼任だった)。
 
本シリーズは第1戦が[[7月20日]]、第2戦が[[7月21日]]の予定だったが、第1戦は雨天中止になり、2戦とも1日ずれての試合になった。
 
== 試合結果 ==
== [[プロ野球中継|テレビ・ラジオ中継]] ==
=== [[放映権 (日本プロ野球)|テレビ中継]] ===
*第1戦:[[7月21日]]([[日曜日]])
:*'''[[NHK総合テレビジョン|NHK総合]]''' 実況:[[岡田実]] [[野球解説者|解説]]:[[鶴岡一人]] ゲスト解説:[[山内一弘]]([[読売ジャイアンツ|巨人]]コーチ)
:*'''[[日本テレビ放送網|日本テレビ]]''' 実況:[[越智正典]] 解説:[[青田昇]] ゲスト解説:[[土井正三]](巨人)
::日本ハム主管ながら、[[テレビ朝日|NETテレビ]]でなく日本テレビでの放送となったのは、この当時、NETテレビが日本ハム主催ゲームの放映権をほとんど行使せず、日本テレビ・[[フジテレビジョン|フジテレビ]]・[[テレビ東京|東京12チャンネル]]に譲渡していたため。
::放送枠は7月20日の予定では19:00 - 20:55だったが、雨天中止により1日ずれ、更に日曜ニュース枠が18:00開始の『[[NNN日曜夕刊]]』になっているために、18:30 - 20:55に拡大、これにより、18:30の『[[NOWヒットパレード]]』、19:00の『[[全日本歌謡選手権]]』([[讀賣テレビ放送|読売テレビ]]制作)、19:30の『[[侍ジャイアンツ]]』(読売テレビ制作)、20:00の『[[われら青春!]]』の4本が休止になった。なお日曜18:30枠番組は、1972年まで『[[光子の窓]]』『[[シャボン玉ホリデー]]』(因みに1973年はドキュメンタリー『[[ナブ号の世界動物探検]]』)といった人気番組が編成されており、開始時刻が早まったとはいえ、日曜18:30枠番組が休止になったのは初である。
*第2戦:[[7月22日]]([[月曜日]])
:*'''[[朝日放送]]'''≪[[TBSテレビ|TBS]]系列≫ 実況:[[植草貞夫]] 解説:[[皆川睦雄]] ゲスト解説:[[水原茂]]、[[西本幸雄]]([[大阪近鉄バファローズ|近鉄]][[プロ野球監督|監督]])<br />
::通常、[[阪急西宮スタジアム|阪急西宮球場]]からの中継は主管球団の[[阪急電鉄|阪急]]本体の資本が入った[[関西テレビ放送|関西テレビ]]≪[[フジテレビジョン|フジ]]系列≫に[[放映権 (日本プロ野球)|放映権]]が与えられるが、この試合に関しては[[TBSテレビ|TBS]]([[朝日放送]])系列が放映権を獲得した。
::朝日放送は、翌[[1975年]][[3月31日]]付けで[[テレビ朝日|NETテレビ]]系列へ[[ネットチェンジ#大阪準キー局「腸捻転」の解消|ネットチェンジ]]したため、TBS系列として最後のオールスター戦中継となった。
::放送枠は19:00 - 20:55で、19:00の『[[YKKアワー キックボクシング中継]]』、19:30の『[[ブラザー劇場]] [[若い!先生]]』、20:00の『[[ナショナル劇場]] [[水戸黄門 (第1-13部)|水戸黄門・第5部]]』の3本が休止。移動日である月曜放送の『キックボクシング中継』『ブラザー劇場』『ナショナル劇場』の休止は非常に珍しく、『水戸黄門』に至っては、[[1969年]][[8月]]開始以来5年目にして初の休止となった。
*第3戦:[[7月23日]]([[火曜日]]
:*'''[[広島ホームテレビ]]'''≪日本テレビ系列≫ 実況:[[浅見源司郎]] 解説:[[別当薫]]、[[村山実]] ゲスト解説:[[山本一義]]([[広島東洋カープ|広島]])
:*'''[[広島テレビ放送|広島テレビ]]'''≪[[フジテレビジョン|フジテレビ]]系列≫ 実況:[[小森山国夫]] 解説:[[吉田義男]]、[[土井淳]] ゲスト解説:[[森永勝也]](広島監督)<br />
匿名利用者