「木曽谷」の版間の差分

改名に伴う修正。楢川村・奈川村は木曽川流域でないので、木曽谷の範囲から除外しました。木曽路と木曽谷は違います。
m (とに がページ「木曾谷」をリダイレクトの「木曽谷」に移動しました: ノートで改名提案の合意形成がなされたため)
(改名に伴う修正。楢川村・奈川村は木曽川流域でないので、木曽谷の範囲から除外しました。木曽路と木曽谷は違います。)
[[画像:KisoDani.jpg|Right|thumb|320px|木谷(2006年11月撮影)]]
'''木谷'''(きそだに)とは、[[木曽川]]上流[[渓谷]]の流域中心とる地域の総称である。木曽川の浸食により形成された[[V字谷]]状地形が延長約60kmにわたっており、その主線はおおむね北北東から南南西の方角に沿う。東南方面には[[木曽山脈]](中央アルプス)が、西北方面には[[御嶽山 (長野県)|御嶽山]]がある。現在の[[長野県]]南西部が主な地域でる。[[昭和]]以前は木曾谷と記すことが多かったが、近年では木曽谷とも表記する。ことが多い(参照→[[木曽]])
 
== 地域範囲 ==
おおむね、長野県[[木曽郡]]、[[塩尻市]][[楢川村|楢川]]地区、[[松本市]][[奈川村|奈川]]地区、岐阜県]][[中津川市]]の一部([[神坂村|神坂]]、[[馬籠宿|馬籠]]、[[山口村 (長野県)|山口]]地区<!--旧長野県神坂村、山口村の範囲-->に該当する。
 
== 人文史 ==
2,350

回編集