「ジャン1世 (ベリー公)」の版間の差分

編集の要約なし
'''ジャン1世'''('''<span lang="fr">Jean I<small><sup>er</sup></small></span>''', [[1340年]][[11月30日]] - [[1416年]][[3月15日]])は、[[ベリー公]]および[[オーヴェルニュ]]公(在位:[[1360年]] - [[1416年]])、[[ポワティエ]]伯(在位:[[1357年]] - [[1416年]])。「華麗公」(''<span lang="fr">le Magnifique</span>'')と呼ばれる。[[フランス王国|フランス]][[フランス君主一覧|王]][[ジャン2世 (フランス王)|ジャン2世]](善良王)と妃であった[[ボヘミア王国|ボヘミア]][[ボヘミア君主一覧|王]][[ヨハン・フォン・ルクセンブルク|ヨハン]](盲目王)の王女[[ボンヌ・ド・リュクサンブール|ボンヌ]]の三男。兄にフランス王[[シャルル5世 (フランス王)|シャルル5世]](賢明王)と[[アンジュー]]公[[ルイ1世・ダンジュー|ルイ1世]]が、弟に[[ブルゴーニュ公国|ブルゴーニュ]][[ブルゴーニュ公一覧|公]][[フィリップ2世 (ブルゴーニュ公)|フィリップ2世]](豪胆公)がいる。
 
ジャン1世が最初に[[アパナージュ]](分邦国)として与えられたポワティエは、[[ブレティニ・カレー条約]]の結果[[イングランド王国|イングランド]]に渡ることになったために、兄シャルルがベリーとオーヴェルニュの隣接地域から同等の収入が見込まれる地域を与えた。また、オーヴェルニュは本来アパナージュとして与えられたものなので、男系が断絶した場合には王領に編入されるはずであったが、本来アパナージュ設定ではない[[ブルボン家]]の家領もオーヴェルニュと共に王領に編入することを男系が断絶した場合の条件として、娘[[マリー・ド・ベリー|マリー]]の結婚相手[[ブルボン公]][[ジャン1世 (ブルボン公)|ジャン1世]]への相続が認められた。
 
ジャン1世は、[[百年戦争]]中のフランス国内の対立を収めるために尽力した。特に甥の[[オルレアン公]][[ルイ・ド・ヴァロワ (オルレアン公)|ルイ]]と弟フィリップ豪胆公の間の和平工作を行なった。
[[Category:ブローニュ伯]]
[[Category:アングレーム伯]]
[[Category:エタンプ伯]]
[[Category:1340年生]]
[[Category:1416年没]]
匿名利用者