「ガードル」の版間の差分

編集の要約なし
m (誤解を招く恐れのある記事へのリンク除去(ショーツはズボンを主題としている))
価格は、低価格の既製品は1000円程度からオーダーメード品の高級品では数万円するものがある。
 
[[パンツ]]型で腹部ヒップ、ロングガードルではそれに加えて[[太股|太もも]]を広範囲に覆い、腹部を押さえる機能とヒップアップ機能と太ももを押さえる機能を有し、ウエストラインやヒップラインを美しく見せる機能を持つ。したがって、腹部の突出、ウエストまわり、ヒップラインなど、ラインがくずれやすい部分を形態補正して美しく見せる効果がある。[[補正力]]に於いてハードタイプとソフトタイプ、その中間のミディアムタイプがある。最近は男性用ガードルもあり、機能は女性用と同様である。
 
形状は主に'''ショートガードル'''と'''ロングガードル'''の2種類に分けられ、ショートガードルは太ももの付け根までの丈で腹部からヒップまでを覆うのに対し、ロングガードルは太もも部までの丈があり腹部から太ももまでを覆う。ロングガードルの場合、アウターに下着のラインが浮き出ずに、細身のパンツをより美しいラインで見せる効果がある。[[ミニスカート]]や[[ショートパンツ]]など丈の短い上着着用時はロングガードルでは上着からはみ出るため、ショートガードルに限定される。
なお、上腹部・バスト下までをサポートするハイ・ウエスト・ガードルには[[クロッチ]]・ボタンで股間部分を開閉でき、排泄が容易に行える機能をそなえたものもある