「NBC交響楽団」の版間の差分

m
m (typo)
1937年11月8日、トスカニーニは自分との契約のため多くの従業員が解雇されるという報告を受け、NBCに関する契約の破棄を申し出た。NBC側の交渉役サミュエル・チョチノフSamuel Chotzinoffは驚き、「契約に際し1名の音楽家も解雇されません。それどころか、貴殿との契約によりNBCはフルオーケストラの創設にたどり着き、需要の増した技術・広報・報道の各部署に数名の人員を採用することとなりました」と虚偽の返電を送った。トスカニーニはチョチノフを友人と考えていたため、(おそらく真実を知らないまま)契約破棄を思い留まったが、実際は、新規採用の61名の替わりに局内オーケストラの多くの楽員が解雇されたと推測されている<ref>Sachs, H. (1978), ''Toscanini'', Weidnefeld & Nicolson, pp. 262-263。Haggin, B. H. (1959) ''Conversations with Toscanini'', Doubleday & Company, Inc., p.142にも同様の記述。</ref>。
 
またNBC響を説明する際、決まり文句のように「トスカニーニひとりのために交響楽団を設立」という表現が使用されることが多いが、この点に関する疑義もある。すなわち、事実は従来からの局内オーケストラ内に「NBC交響楽団」として活動するグループを組織しただけではないかという指摘である<ref>Hagginハギンの前掲書p.17。ただし、人員はNBC響設立に合わせて約40名増員されている。</ref>。
 
同書ハギンによると、楽員はトスカニーニ指揮による週末のコンサートのリハーサルと本番以外に、他の多くの番組のための演奏に参加せねばならず、その状態は1945年1月にブルーネットワークBlue Networkと呼ばれるラジオ放送の系列をNBCが売却するまで続いたという。(1945年以降も半数が局内オーケストラとの掛け持ち、半数がエキストラであり、後者にはジャズの演奏家も含まれていたという。Hagginハギンは、1950年までのNBC響の演奏が最上と言えない理由として、楽員のこのような不安定な就労形態を挙げている<ref>前掲書pp.16-18</ref>。
 
Sachsサックスによると、1938年時点の局内オーケストラの人員は115名であり、週30時間の契約時間を「トスカニーニ用」と「その他の番組用」で折半することになっていたが、このことをトスカニーニには意図的に知らせなかったという<ref>Sachs, H. (1978), 前掲書p. 262</ref>。しかし1940年冬にはトスカニーニもこれらの事実の概要を知った<ref>1941年春トスカニーニはいったん辞任するが、この少し前、トスカニーニ辞任の噂を聞いて慰留の手紙を書いたある楽員が、一緒にサインしてくれる有志を募るためリハーサル後にこれを読み上げようとすると、人事部のスパイタルニー(Spitalny)Spitalnyがやめさせたという。その後トスカニーニはその楽員に「どうしてわしが辞任の手紙を書かなきゃならんのだろう?」と漏らしている。NBCが辞めろと言っているのですかと聞き返す楽員にトスカニーニは「その通り」と答えた。(Sachs前掲書p. 275)</ref>。
 
では、なぜNBCはさまざまな無理を重ねて交響楽団を持とうとしたのか。山田治生(2006)『トスカニーニ』(アルファベータ、pp. 217-221)には、その背景として「ラジオで音楽を楽しむ」という放送文化が当時発達途上であったという指摘がある。当然生じた局同士の競争で優位に立ち、ラジオ受信機・蓄音機・レコードの販売を促進する<ref>親会社RCAはもともと同社が製造・販売する放送受信機の販売促進のためにNBCを設立した(平凡社『世界大百科事典』第2版「RCA」の項)。また現在まで続くレコードレーベルも所有していた。</ref>という要請があったはずである。そこで、(トスカニーニへの敬意や愛情でなく)この競争を勝ち抜く戦略のひとつとして専属交響楽団の設立が企画され、ネームバリューのあったトスカニーニをひとつの有力な「駒」として起用したのだと推測される。Sachsサックスは、「(以下要約)RCAはトスカニーニを“資産”であると見なしたが、彼の存在に社の将来がかかっているなどというばかげた考えをする者は社内にいなかった。むしろ、NBC響は費用対効果が悪く全面的に解体すべきであると考える取締役が多かった」と書いている。<ref>Sachsサックスは「(芸術的レベルや到達度どころか)オーケストラ自体の行く末さえ、実権を握っている者たちにとってはほとんど価値のない事柄なのだということをトスカニーニは知った」とも書いている(p(前掲書p. 276)。</ref>。
 
事情が明らかになるにつれトスカニーニにも不満が募ってきたが、NBC響は巨大企業RCAの末端に過ぎず、要求を出そうにもそれを聞くべき理事会がそもそも存在しなかった<ref>通常はどのようなオーケストラにも、さまざまな決定を下す運営委員会や理事会が存在する。しかし「NBC交響楽団」は独立した団体でなく、RCAの子会社であるNBCの“社内事業”に過ぎなかったため理事会等はなかった。</ref>。トスカニーニはそれまで「気に入らないことがあれば要求を出し、それが受け入れられなければ去る」という態度で歌劇場やオーケストラと対峙してきたが、そのやり方は20世紀の米国の大企業には通用しなかった<ref>Sachs, H. (1978), p. 276</ref>。
 
山田治生は、「NBC響はトスカニーニのために用意されたオーケストラであったが、トスカニーニのオーケストラではなかった」「ある意味、NBC響は親会社であるRCAという大企業のアクセサリーに過ぎなかったともいえる。トスカニーニにしても、NBC響の音楽監督ではなく、人事権もなく<ref>1940年冬ファゴット奏者に欠員が生じたため、トスカニーニはウィーンフィルで活躍した旧知のフーゴー・ブルクハウザーHugo Burghauserを迎えようとしたが、チョチノフらは「トスカニーニに拒否権はあっても採用権はない」とブルクハウザーを断ったという。(Sachs前掲書p.275)</ref>、組織の中で確固としたポジションを持っているわけでもなかった」と述べている<ref>Sachs, H. (1978), 前掲書p.234.</ref>。
 
=== トスカニーニの初指揮 ===
144

回編集