「ダドリー・ムーア」の版間の差分

編集の要約なし
| 活動期間 = 1960年代 - 1990年代
| 配偶者 = [[スージー・ケンドール]]([[1968年]]-[[1972年]]) <br> [[チューズデイ・ウェルド]]([[1975年]]-[[1980年]]) <br> [[ブローガン・レイン]]([[1988年]]-[[1991年]]) <br> [[ニコール・ロスチャイルド]]([[1994年]]-[[1998年]])
| 主な作品 = 『[[:en:Arthur (film)|ミスター・アーサー]]』
| アカデミー賞 = [[アカデミー主演男優賞|主演男優賞]]ノミネート<br />[[1981年]]『ミスター・アーサー』
| ゴールデングローブ賞 = [[ゴールデングローブ賞 主演男優賞(ミュージカル・コメディ部門)|主演男優賞 (ミュージカル・コメディ部門)]]<br />[[1982年]]『ミスター・アーサー』<br />[[1985年]]『[[:en:Micki + Maude|Micki + Maude]]』
 
== 病と死 ==
[[1998年]]6月、[[ニコール・ロスチャイルド]]がアメリカのテレビ番組において、ムーアは深刻な病のため「余命いくばくもない」と発表したが、これは[[スージー・ケンドール]]によって否定された<ref>[http://news.bbc.co.uk/1/hi/entertainment/109902.stm]</ref>。
 
[[1999年]][[9月30日]]、ムーアはPSP (進行性核上性麻痺)による末期の[[退行性脳障害]]に冒されており、年内までの命と診断されたことを公表した<ref>[http://news.bbc.co.uk/1/hi/uk/461376.stm]</ref>。
 
[[2002年]][[3月27日]]、麻痺によって二次的に引き起こされた[[肺炎]]が原因で[[ニュージャージー州]]ワチャングにて死去。66歳。亡くなったときレナ・フラクターがその手を握っており、最期の言葉が「僕を取り巻いてる音楽が聞こえる」であったことを伝えた。ムーアはニュージャージー州スコッチ・プレインズのヒルサイド墓地に埋葬された。フラクターは後に二人の思い出を出版した(『Dudley Moore』Ebury Press, 2004)。
*''PBS Nova: "It's About Time"'' (1980年)
*ダドリー・ムーアのモーゼの気分で ''Wholly Moses!'' (1980年)
*[[ミスター・アーサー]] ''Arthur'' (1981年)
*オータム・ストーリー ''Six Weeks'' (1982年)
*''Lovesick'' (1983年)
*[[子猫物語]] ''The Adventure of Milo and Otis'' (1986年) - 英語版吹替のナレーター
*[[ハモンド家の秘密]] ''Like Father Like Son'' (1987年)
*[[ミスター・アーサー2]] ''Arthur 2: On the Rocks'' (1988年)
*クレイジー・ピープル ''Crazy People'' (1990年)
*ベルボーイ狂騒曲/ベニスで死にそ~ ''Blame It on the Bellboy'' (1992年)
*『The L.S. Bumble Bee』(1967) Peter Cook and Dudley Moore名義
*『Song for Suzy』(1972) Dudley Moore Trio名義
 
== 出典 ==
{{Reflist}}
 
== 参考文献 ==
 
== 外部リンク ==
* {{imdb|id=0001545|name=ダドリー・ムーアDudley Moore}}
* {{allcinema name|8011}}
* [http://archives.cnn.com/2002/SHOWBIZ/Movies/03/27/death.dudley/ Obituary at CNN.com]
* [http://www.bbc.co.uk/radio/aod/radio4_aod.shtml?radio4/affectionately_dudley Radio 4 in the UK reflect on Dudley's life - programme "affectionately dudley" 2006]
 
{{アカデミー賞授賞式の司会者}}
{{Normdaten|PND=130884448|LCCN=n/82/20538}}
{{DEFAULTSORT:むうあ たとりい}}
[[Category:1935年生]]
匿名利用者