「ドルト信仰基準」の版間の差分

二重予定説に内部リンクを追加
(二重予定説に内部リンクを追加)
[[オランダ改革派]]出身の[[ヤーコブス・アルミニウス]]の死後、1610年に彼の支持者たちが、自分たちの信条を定めた『建白書』(Remonstrantie)を提出し、[[アルミニウス主義]]の認可を政府に求めた。これが元で1618年に[[ドルトレヒト会議]]が開かれ、その際に信仰基準が決められた。この会議では、[[アルミニウス主義]]は公式に認められなかった。その基準は、[[改革派教会]]、[[長老派教会]]といった[[カルヴァン主義]]の特徴を5つの特質として明確にしたことで[[神学]]史上大きな意味がある。
#[[全的堕落]](Total depravity) - [[堕落]]後の人間はすべて全的に腐敗しており、自らの意志で神に仕えることを選び取れない。
#無条件的選び(Unconditional election) - [[神]]は無条件に特定の人間を救いに、特定の人間を破滅に選んでいる([[予定説]])
#[[限定的贖罪|制限的・限定的贖罪]](Limited atonement) - [[キリスト]]の贖いは、救いに選ばれた者だけのためにある。
#不可抵抗的恩恵(Irresistible grace) - 予定された人間は、神の恵みを拒否することができない。
匿名利用者