メインメニューを開く

差分

==歴史==
[[File:Bruno Walter repeteert met het Concertgebouworkest in Amsterdam Weeknummer 46-47 - Open Beelden - 30392.ogv|left|thumb|[[ブルーノ・ワルター]]と[[ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団|アムステルダム・コンセルトヘボウ管弦楽団]]の[[グスタフ・マーラー|マーラー]] [[交響曲第4番 (マーラー)|交響曲第4番]]のリハーサル風景(1946年)。ワルターの振っている指揮棒が現代の一般的なものより長いのが分かる]][[バロック音楽|バロック時代]]は、[[杖]](指揮杖)を地面に打ちつけその音で[[テンポ]]をとって指揮していた。作曲家の[[ジャン=バティスト・リュリ]]([[1632年]][[11月28日]]-[[1687年]][[3月22日]] [[イタリア]]→[[フランス]])は、[[1687年]]に[[ルイ14世 (フランス王)|ルイ14世]]の病気快癒を祝うための「[[テ・デウム]]」の演奏中に、誤って指揮杖で自分の足を強打し、その傷がもとで亡くなった。
*史上初めて、現代の指揮棒につながるものを用いて指揮をしたのは19世紀初頭の[[カール・マリア・フォン・ヴェーバー]]や、[[ルイ・シュポーア|ルートヴィヒ・シュポア]]と言われている。
*当初、指揮棒は巻き紙が用いられ、後に魚の骨([[フェリックス・メンデルスゾーン|メンデルスゾーン]]が愛用)や樹皮をはいでいないリンデンの枝([[エクトル・ベルリオーズ|ベルリオーズ]]が愛用)、その他指揮者の個人的趣味で、ブリリアンカットのダイヤモンド付きの指揮棒、カエデに純金と宝石をあしらった指揮棒などが登場した。
*[[ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団]]の2代目の[[指揮者]]として歴史上有名な[[アルトゥール・ニキシュ]]([[1855年]][[10月12日]]-[[1922年]][[1月23日]])は指揮棒の先が常に目の高さに来るように指揮し、奏者達の注視する先に己の目が来るようにしていた。[[カール・ベーム]]も同様であった。また、シカゴ交響楽団の基礎を築いた[[フリッツ・ライナー]]([[1888年]][[12月19日]]-[[1963年]][[11月15日]])は、指揮棒をわざと小さくしかも下の見難い位置で振ることにより逆に団員の注意をひいたそうである。カラヤンも短い指揮棒で[[小澤征爾]]に影響を与えたが、現在の小澤は [[ニコラウス・アーノンクール]]や[[ワレリー・ゲルギエフ]]、[[ピエール・ブーレーズ]]らと同様 棒なしで指揮をしている。
 
匿名利用者