「谷重喜」の版間の差分

編集の要約なし
'''谷 重喜'''(たに しげき、[[1843年]][[5月23日]]([[天保]]14年[[4月24日 (旧暦)|4月24日]]) - [[1887年]])は、[[土佐藩|土佐藩士]]、[[迅衝隊|迅衝隊士]]、日本の[[大日本帝国陸軍|陸軍]][[軍人]]、[[自由民権運動|自由民権運動家]]。最終階級は陸軍[[大佐]]。通称は'''谷神兵衛'''
 
== 来歴 ==
*[[1843年]](天保14年)、谷神佐衛門重昌の男に生まれた。
*明治[[戊辰戦争|戌辰の役]]では[[土佐藩]][[迅衝隊]]の四番小隊長として東征し、甲府、今市、会津と転戦し数々の功をあげた。
*[[1870年]](明治3年){{年代要検証|date=2010年11月|西暦年|明治|3}}陸軍大佐になり、大阪[[鎮台]]の[[参謀]]長に。
*[[1886年]](明治19年)山内家の家来となったが翌[[1887年]](明治20年)死去。
 
== 親族家系 ==
谷家は、[[大神]]姓。[[長曾我部氏]]の旧臣で、[[土佐藩]]の[[上士]]の家柄。谷重喜(神兵衛)は、土佐藩上士・谷神右衛門家の第11代目の嫡流当主。[[戊辰戦争]]の際、[[迅衝隊]]に共に加わった[[谷干城]]は遠縁の親族にあたる。谷重喜は、谷神右衛門家の第4代目の谷重元(神兵衛)の嫡男谷重正(弥太郎)の直系の五世孫である。
*[[谷秦山]]の兄弥太郎重正6世の孫である。
谷重元の三男[[谷重遠]](秦山)は別家を興し、秦山の孫谷好井(萬六)の嫡男谷好圓(丹作)が秦山家の第4代目の当主を継いだ。さらに谷好圓の弟、谷景井(萬七)が分家して一家<ref>谷神右衛門家の分家(秦山流)のさらに分家にあたる。</ref>を興したのが[[谷干城]]の父にあたる。[[谷干城]]は、谷景井の四男で、三人の兄が相次いで夭逝したので、その後を継いだ。干城の後を継いだ養子の[[谷乙猪]]は、谷重喜(谷家・嫡流)の実弟にあたる。
*[[谷干城]]は遠縁にあたり同じ谷一門である。
 
== 補注 ==
{{Reflist}}
 
== 参考文献 ==
* 『幽因録』谷重喜著
* 『高知県人名事典』高知市民図書館、1970[[1971]]
* 『迅衝隊出陣展』[[中岡慎太郎館]]編、[[2003年]]
 
== 関連項目 ==
* [[迅衝隊]]
 
== 参考文献 ==
* 『幽因録』谷重喜著
* 『高知県人名事典』高知市民図書館、1970年
* 『迅衝隊出陣展』[[中岡慎太郎館]]編、2003年
 
{{japanese-history-stub}}
匿名利用者