「谷重喜」の版間の差分

編集の要約なし
谷重元の三男[[谷重遠]](秦山)は別家を興し、秦山の孫谷好井(萬六)の嫡男谷好圓(丹作)が秦山家の第4代目の当主を継いだ。さらに谷好圓の弟、谷景井(萬七)が分家して一家<ref>谷神右衛門家の分家(秦山流)のさらに分家にあたる。</ref>を興したのが[[谷干城]]の父にあたる。[[谷干城]]は、谷景井の四男で、三人の兄が相次いで夭逝したので、その後を継いだ。干城の後を継いだ養子の[[谷乙猪]]は、谷重喜(谷家・嫡流)の実弟にあたる。
 
九世祖:谷神右衛門(初代)
八世祖:谷神右衛門(二代目)
七世祖:谷神右衛門(三代目)
六世祖:谷重元(神兵衛)
五世祖:谷重正(弥太郎)
高祖父:谷重敬(神之丞)
曾祖父:谷直樹(神之丞)
祖父:谷秋実(良作)
*父:谷重昌(神佐衛門)
**本人:'''谷重喜'''(神兵衛)
**弟:谷重中
**重中の妻:[[板垣退助]]の長女 兵<ref>[[板垣退助]]の長女「兵」は、初め板垣(井上)榮三郎に嫁ぎ、のち離婚して谷重中に嫁ぎ、また離婚して片岡光房(熊太郎)に再嫁している。</ref>(のち離婚)
**弟:[[谷乙猪]]([[谷干城]]の養子となる)
**弟:谷流水
匿名利用者