「野原哲也」の版間の差分

引退に伴う改稿
(新しいページ: ''''野原 哲也'''(のはら てつや、1960年5月3日 - )は、現在、日本競輪選手会[[福井県...')
 
(引退に伴う改稿)
'''野原 哲也'''(のはら てつや、[[1960年]][[5月3日]] - )は、現在、[[競輪選手#]]。[[福井県]]出身。[[日本競輪選手会|学校]]第51期卒業。現役時は[[日本競輪選手会]][[福井県|福井]]支部長を務める[[競輪選手]]所属
 
== 来歴戦績 ==
[[福井県立春江工業高等学校]]時代在学中には[[バスケットボール]]部で活動。その後2年間の会社員生活を経て、[[日本競輪学校]](以下、競輪学校)第51期生となったして入学。同期には[[本田晴美]]、[[山田英伸]]、[[戸邉英雄]]らがいる。同期在校競走成績は66勝を挙げ第4位。そして同期となり、卒業記念レースで優勝した。
 
なお、競輪学校第51期生のデビュー戦から、同期同士のみで4ヶ月間競初出を行う[[新人リーグ]]が開始されたが、[[1983年]][[4月14日]][[大津びわこ競輪場]]で、この期よりデビュー時からの新人リーグが同期同士のみにより4ヶ月間競走を行う形態に変更されたがその中で初戦初勝利を挙げた。その後の活躍はめざましく、翌[[1984年]]にはデビュー1年未満で早くも3月開催の[[日本選手権競輪]]([[千葉競輪場]])に出場、同年5月には当時の最高位であるS級1班格付けを果たした。
 
2011年12月19日現在、特別競輪(現在のGI)は4回の決勝進出歴があり、[[1993年]]の[[日本選手権競輪]]([[立川競輪場]])で[[大竹慎吾]]の2失格による繰り上あったとはいえりで3に入った。この他、またホームバンクの[[福井競輪場]]で行われた1991年の[[ふるさとダービー]]でも3に入っている
 
選手生活の晩年は地元の選手会会長を務めていたが、[[2012年]][[8月6日]]の[[小松島競輪場]]第6R・A級特一般戦で8着となったあと、競走から離れたのち引退を発表し、同年[[9月21日]]に地元の[[福井競輪場]]で引退セレモニーが行われバンクを去った。
 
同年[[10月12日]]選手登録消除。通算成績2463戦375勝。
 
== 主な弟子 ==
*[[市田佳寿浩]](競輪学校第76(76期生)
*[[北川紋部]](同78(78期生)
*[[後藤純平]](同78(78期生)
ほか多数。
 
== 参考文献 ==
== 外部リンク ==
*[http://keirin.jp/pc/dfw/dataplaza/guest/membprofile?SNO=010653 選手プロフィール] - KEIRIN.JP
 
 
{{デフォルトソート:のはら てつや}}
9,306

回編集