「京成パンダ」の版間の差分

m
脚注の節を設けました。
m (脚注の節を設けました。)
パンダ星の王子という設定。変わらない表情、細い目、[[パンダ]]らしからぬ唇、マント(空も飛べる)が特徴である。
 
この見た目からかキャラクター自体が注目され始め、公式サイト内でのキャラコンテンツの設置や壁紙やスクリーンセーバーの配布などが行われるようになり、グッズまで発売されるに至った<ref>[http://www.asahi.com/komimi/TKY200710100330.html 誰にもこびない潔さ 京成パンダがグッズに] - 2007年10月18日 asahi.com</ref>。また、京成線車内の「ドアにご注意」ステッカーにも京成パンダが登場し、ドア戸袋に手と耳を挟まれている京成パンダが描かれているほか、2009年5月から11月30日まで「京成パンダ号」と称したラッピング電車([[京成3000形電車 (2代)|京成3000形電車]]を使用)が運行された<ref>{{PDFlink|[http://www.keisei.co.jp/keisei/kouhou/news/21-020.pdf 京成電鉄プレスリリース 京成パンダ号運行中です。]}}{{リンク切れ|date=2012年10月}}</ref>
 
現在では、京成電鉄のマスコット的なポジションを獲得、2010年7月17日の[[京成成田空港線]](成田スカイアクセス)開業時には、日暮里駅でのセレモニーに等身大の着ぐるみが出席していた<ref>[http://www.city.arakawa.tokyo.jp/kusei/koho/hodohappyo/skyaccessevent.html スカイアクセス開業記念イベント開催]{{リンク切れ|date=2012年10月}} - 荒川区公式ウェブサイト</ref>。また、京成グループがスポンサーを務めていたこともあり、同社の[[千葉国体]]のPRポスターでは[[チーバくん]]とも共演を果たしている<ref>{{PDFlink|[http://www.keisei.co.jp/keisei/kouhou/news/22-059b.pdf 千葉国体アドトレイン」を運行します!]}}{{リンク切れ|date=2012年10月}} - 2010年9月14日 京成電鉄のプレスリリース</ref>。
 
<div class="references-small"><references /></div>
 
== グッズ ==
*住まい・[[公津の杜駅]]近辺のマンション
*趣味・アイロンがけ
 
== 脚注 ==
{{Reflist}}
 
== 外部リンク ==
8,154

回編集