「アルバータ大学」の版間の差分

編集の要約なし
'''アルバータ大学'''({{lang-en-short|University of Alberta}})は、[[カナダ]]・[[アルバータ州]]の州都[[エドモントン]]にある州立の[[総合大学]](州立大学は日本の[[国立大学]]に相当)。
 
1908年にアルバータ州初代[[州知事]]のアレクサンダー・キャメロン・ラザフォードとアルバータ大学初代[[学長]]となった教育者のヘンリー・マーシャル・トーリーによって設立された、カナダ屈指の総合大学の一つ。カナダの5大大学の一つで学生数は37,000人を超え、世界約133カ国から2,500人もの留学生を受け入れている。メインキャンパスは[[ノースサスカチュワン川]]を挟んでエドモントンの[[ダウンタウン]]に隣接する市街地にあり、ノースサスカチュワン川南側の50ブロックの敷地に広がる90以上の建物からなる。医歯薬理学、工学、化学、生物学系学部やビジネススクールの評価が特に高い他、地質学、森林学、淡水生態学、環境経済学、ナノテクノロジー等の分野では世界トップレベルの研究が行われている。カナダの首相や数々の政治家、最高裁判所長官、作家等の著名人を輩出するなど、カナダ中西部でも優れた大学としてその名を轟かせている。
 
== 歴史 ==
== 概観 ==
[[Image:Convocation Hall University of Alberta Edmonton Alberta Canada 02.jpg|thumb|150px|right|Old Arts Building, University of Alberta campus.]]
キャンパス内には国立ナノテクノロジー研究所が設立されるなど[[エドモントン]]はカナダを牽引するナノテク産業として活躍している。世界中からの研究者がプレゼンをしに来るだけのアカデッミックな雰囲気が漂う。特にカナダでは国、企業、大学がベンチャーを立ち上げ、新規特許を目指す活動が頻繁に行われている。このアルバータ大学でもそのような活動が頻繁に行われ、学生の身分でもさまざまな社会人と触れ合ういい機会に恵まれている。
 
== 教育 ==
アルバータ大学は学部教育に力を入れており、学部での教育実績がカナダ国内で最も優れている教授に授与される、"3M Teaching Fellowships"の歴代受賞者は28名にものぼり、その数はカナダで最も多い{{要出典|date=2012年10月}}。図書館の評価も高く、カナダの大学図書館ランキングでは第2位の評価を受けている{{要出典|date=2012年10月}}。また、地質学、森林学、淡水生態学、環境経済学、ナノテクノロジー等の研究レベルは世界クラス{{要出典|date=2012年10月}}である。
 
== 学生 ==
入学難易度は学部と大学院では大きく異なる。学部は大きく門戸が開かれているが、大学院の入学難易度はかなり高く、門戸が非常に狭い。大学院課程のモラルは明日のリーダーを育てる大学としている。{{要出典|date=2012年10月}}したがって、学部の授業、ラボでの指導が必修とど強制している。すなわち、現地の学生を指導できるだけの教養と英語力が必{{不可欠である。出典|date=2012年10月}}サイエンス系を含めて国外から大学院生(留学生)でへの進学を考える場合は、大学の優秀な成績(GPA 3.5/4.0)に加えてTOEFLでの高得点(100/120)必要。なお、アルバータ大学はプロフェッショナルに重点を置くいう意味でも大学での成績より社会人経験や中身のいいReference Letterが必要であされる。{{要出典|date=2012年10月}}また、近年は世界各国からの留学生を積極的に受け入れており、外国人留学生を対象とした大規模なオリエンテーション "Transitions" が毎年盛大に行われるなど、留学生がカナダの地で安心して学生生活を送れるよう、充実したサポートプログラムが用意されている。また、"International Week" や "International Friendship Program" など、国際交流や異文化理解の促進を目的としたプログラムも多数用意されており、学生たちが世界130カ国を超える国々の文化に触れる場は常に用意されている。世界中の留学生たちが共に生活することのできる、"International House" と呼ばれる学生寮もある。
 
== ランキング ==
[[Image:Mechanical Engineering Building University Of Alberta Edmonton Alberta Canada 01A.jpg|thumb|right|The Mechanical Engineering Building.]]
カナダ有数の名門大学であり、国内大学ランキングでは常時トップ5にランクインする{{要出典|date=2012年10月}}とともに、世界ランキングでも40位~100位の高い評価を受けている{{要出典|date=2012年10月}}。またマクリーンズ誌(Maclean's)が2006年に発表したカナダ大学ランキングでは、「総合評価」及び「明日のリーダーを育成する大学」の2項目において第1位を獲得するなど国内非常にく評価されて権威を誇る。(2010年版ではMedical Doctoral 部門総合第4位となっている。)"Webometrics Ranking of World Universities"(2007)によれば、カナダで第3位、世界ランキングでは第49位。Newsweek誌(International Edition)が選んだ"Top 100 Global Universities"(2006)によれば、カナダでは第4位、世界ランキングでは第55位にランクインしている。
 
== 学部・大学院・別キャンパス ==