「玉虫色」の版間の差分

編集の要約なし
 
また特定の色彩名を当てられないことから、どちらつかずの状態のことを慣用句的に「玉虫色の~」と呼ぶことがある。
 
[[画像:Chrysochroa fulgidissima by OpenCage.jpg|200px|thumb|ヤマトタマムシ]]
 
== 色ではない色 ==
191

回編集