「近衛府」の版間の差分

 
; 少将
: 左右に各2~4名。四等官の次官(スケ)に相当し、中将も「スケ」であるので「すな(少)いスケ」と呼ばれた。天平神護元年([[765年]])2月3日、近衛府の設置とともに、[[正五位下]]の官位相当。以後、定着する。当初は1名だったが後に増員され、天応元年([[781年]])6月1日に員外近衛少将が廃止された際に定員2名となる。その後、九世紀半ばには[[権官]]が設置されて正官2名・権官1名の計3人となり、十一世紀初めには左右各4人在籍する例が見られるようになった。十二世紀後半になるとさらに人数が増加するようになり、後白河院政期には各7~8名在籍する例も見られるようになる(『近衛府補任』(続群書類従完成会)参照)。後には正員は置かれず、[[権官]]のみとなる。中将とほぼ同じ職掌。[[五位蔵人]]を務める近衛少将は「蔵人少将」と呼ばれた。五位少将が四位に叙された際に少将を止めず「少将如元」とされた場合など、四位の位階でこの官を務める者は「四位少将」と呼ばれた。例は少ないが三位に叙されても少将のままでいる場合は「三位少将」と称した(平安時代では[[藤原道長]]、[[藤原頼通]]、[[藤原忠家]]、[[藤原基実]]の四名が三位少将を経験している)。二位の位階でこの官に就く場合もあったと解説する書物もあされるが、平安時代においてはその例は皆無であ(『公卿補任』、『近衛府補任』(続群書類従完成会)参照)、鎌倉時代に入り[[正三位]]右少将[[九条教実|藤原教実]]が承久三年正月五日に[[従二位]]に叙されたのが初例である。羽林郎将、親衛郎将、羽林中郎将、亜将、虎賁中郎将といった唐名がある。左近衛少将・右近衛少将はそれぞれ省略して「左少将」・「右少将」とも呼ばれる。
 
近衛中将・少将はともに四等官の次官にあたるために、'''近衛次将'''(このえのじしょう)とも称した。近衛次将は天皇側近の官職であり、[[公卿]]への昇進コース(典型的なコースは、[[侍従]]→[[兵衛府|兵衛佐]]→'''近衛少将'''→'''近衛中将'''→[[参議]]。少将から[[弁官|少弁]]や[[弁官|中弁]]に転じ、弁官で昇進して[[参議]]に至るコースもあった)としても重要であったため、上流貴族の子弟の[[殿上人]]が多く任じられた。十世紀末から十一世紀には[[藤原氏]]忠平流・[[宇多源氏]]・[[醍醐源氏]]・[[村上源氏]]など「[[公達]]」とされる家格の上流貴族の子弟でほぼ独占されるようになった。鳥羽院政期以降には藤原氏顕季流・同通憲([[信西]])流・[[伊勢平氏|桓武平氏忠盛流]]など本来は「[[諸大夫]]」の家格である[[院近臣]]家出身者からも近衛次将に任じられる者が現れるようになった。[[承徳]]2年([[1098年]])に左右近衛次将の定員は合計各8名とされたが、院政期後半(特に後白河院政期)には実際に在籍する人数が増大し、[[安元]]元年(1175年)には次将の合計が左右合わせて28人の例が出現する(『近衛府補任』(続群書類従完成会)参照)。[[堂上家]]出身者で[[公卿]]となる者は侍従・兵衛佐・近衛次将を歴任する例が多く、[[摂家]]・[[清華家]]・[[大臣家]]・[[羽林家]]の家格の者が近衛次将を経て公卿に昇った。
匿名利用者