「クイックディスク」の版間の差分

m
 
== 特徴 ==
同心円状に複数の[[トラック]]がある[[フロッピーディスク]]と異なり、クイックディスクには、[[レコード]]の溝のように、渦巻状のトラックが1本だけ存在する。3.5インチおよび3インチフロッピーディスクに比べ安価で小型低容量な用途として開発された。当時パーソナルユースでの[[補助記憶装置]]として主流だった[[データレコーダー]]の[[磁気テープ]]を、そのままディスク状にしたようなものと言える。
 
ディスクサイズは2.8インチ。γ-酸化鉄[[磁性体]]が両面に塗布されており、裏返しを行うことで両面が使える。ジャケットは78×78×3mm、[[合成樹脂|プラスチック]]製で[[シャッター]]はなく、紙製のスリーブに入れて保存する。ライトプロテクトはツメを折り取ることにより行う。3.5インチマイクロフロッピーディスクより小さく、3インチコンパクトフロッピーディスクより薄い<ref>当時は3.5インチフロッピーディスクの郵送には70円([[2012年]]現在90円)かかったが、60円(同80円)の封書で郵送できる点をアピールしていた。</ref>。ドライブの記録ヘッドにはメタル磁性体用のものを使用しており、隣のトラックとは充分な間隔があるためフロッピーディスク用と異なり消去ギャップがない。
匿名利用者