「ビールマンスピン」の版間の差分

「キャンドルスピン」
m (浅田のビールマンスピンは典型例ではないので削除)
(「キャンドルスピン」)
 
==概要==
スケート選手が片足で回転し、フリーレッグを背後から伸ばして頭上に高く持ち上げ、そのブレードをキャッチする。体全体で涙のしずくのような形をつくるスピン。胴体と足で形作るラインは、しばしばチューリップのつぼみにたとえられる。このポジションを取るには高度の柔軟性と高い回転能力が必要とされる。ほとんどは女性が行うがまれに男性も行う。<br />
 
<br />
ビールマンポジションはスパイラルポジションの中でも使用される。
 
==歴史==
ビールマンスピンはその名誉を称えて[[デニス・ビールマン]]から名前が取られているが、競技会で最初に披露したのはデニス・ビールマンではない。
 
<br />
1937年世界選手権で[[セシリア・カレッジ]]がレイバックスピンからフリーレッグを片手で持ち上げてビールマンのポジションを取ったと言われているが現存する動画は無い。カレッジが残した動画で確認できるのはドーナツスピンである。残されている動画で確認できる最初のビールマンスピンの原型は1960年ヨーロッパ選手権で[[タマラ・ブラトゥス]]が行ったものである。ブラトゥスは体操競技を見た後でヒントを得てこのスピンを考案した。彼女は1965年のヨーロッパ選手権でもこのスピンを行っている。しかし、ブラトゥスが行ったスピンはフリーレッグを頭の上に持ち上げているものの、高々と足を伸ばしておらず、体と足で作るラインも楕円形、たまご型に近いものであった。その後他の選手もこのスピン(または原型)を競技会で披露しはじめた。その中にはジャネット・チャンピオン、スラヴァ・コホート、[[カリン・アイテン]]がいる。カリン・アイテンのスピンの動画は残されていて、現在のビールマンスピンにかなり近いがブレードを掴む両腕の肘は90度に曲がっていて、持ち上げた足の膝も90度曲がっているので完全なビールマンポジションでは無い。1970年代後半にデニス・ビールマンが競技会で行い、このスピンを普及させた。デニス・ビールマンはこのスピンを披露した中で初めて世界選手権で優勝した選手である。<br />
 
<br />
1990年代にはペア競技で[[ナタリヤ・ミシュクテノク]]が[[アルトゥール・ドミトリエフ]]とのデススパイラルでこのポジションで行った。<br />
 
<br />
[[イリーナ・スルツカヤ]]はビールマンスピンでチェンジフットを行った最初のスケーターである。スルツカヤは片足でビールマンスピンを行った後、直ちにチェンジフットで足を変えてビールマンスピンをした。
 
 
==バリエーション==
[[ユリア・リプニツカヤ]]の柔軟な体が生み出す、胴体と足のラインが直線に近い極めて鋭い鋭角になったポジションは、[[ろうそく]]に喩えて「キャンドルスピン」と呼ばれる。
 
==ビールマンスピンの制限==
新採点法[[ISUジャッジングシステム=コード・オブ・ポイント]]が開始されてから多くの選手が様々な要素でビールマンポジションをとるようになった。たとえばコレオ・スパイラルでスパイラルのクオリティにかかわらずポイントを上げるためにこのポジションをとるようになる。さらには、レイバックスピンを8回転行った後で難しい変化形を加えるためにビールマンスピンに移行し、得点の価値を高めている。<br />
 
<br />
ビールマンポジションでのスピンはレイバックスピンやアップライトスピンの難しいバリエーションのひとつと分類されていて、選手はレイバック、アップライトのどちらでもその難しいバリエーションができるし、またビールマンスピン単独でもソロスピンとしてカウントされている。<br />
 
<br />
新採点法で増え続けていくビールマンスピンにより、第51回ISU総会ではひとつのプログラムに入れるビールマンポジションの回数が制限されたと発表した。これは選手の体への負担を考慮し、プログラムの多様性を求めている。
 
 
{{フィギュアスケート}}
[[Category:フィギュアスケート要素|ひるまんすぴん]]
{{DEFAULTSORT:ひるまんすひん}}
 
42,276

回編集