「康叔」の版間の差分

[[周]]の文王の九男として生まれる。
 
周の武王が[[崩御]]し、子の[[成王 (周)|成王]]が立ったが、まだ幼かったので、弟の[[周公旦]]が国政を代行した。しかし、その弟である[[管叔鮮|管叔]]と[[蔡叔度|蔡叔]]らは周公旦を疑い、[[殷]]の[[帝辛|帝辛(紂王)]]の子である[[武庚禄父]]とともに反乱を起こして成周を攻撃しようとした。そこで周公旦は成王の命により出兵して反乱軍を討ち、首謀者である管叔と武庚禄父を誅殺し、蔡叔を放逐した。周公旦は武庚禄父亡き後の殷の民を弟の康叔に委ね、康叔を衛君に封じ、[[黄河]]と[[淇水]]の間にある故商墟(旧殷の都、のちの[[朝歌]]:現在の[[河南省]][[淇県]])に赴任させた。この時、周公旦は康叔がまだ若いのを危惧して、「康誥」・「酒誥」・「梓材」<ref>これらは[[書経]](尚書)に収録されている。</ref>の3つを教え込み、為政者の法則とさせた。
 
こうして康叔は封国である衛に赴任すると、周公旦の命に従って善政を布いたため、民から慕われることとなった。やがて周の成王も成人となり、国政を行えるようになったので、成王は康叔を周の司寇<ref>司寇(しこう)は司法長官にあたる。</ref>とし、周王室の宝物を下賜して康叔の有徳を表彰した。
22,494

回編集