メインメニューを開く

差分

編集の要約なし
カバー曲は豊富に存在する。
 
[[1986年]]には、[[バナナラマ]](Bananarama)が、『ヴィーナスを[[カヴァー|カバー]]した。バナナラマのカバー曲は、ビルボード誌で、[[1986年]][[9月6日]]に週間ランキング第1位を獲得した。ビルボード誌1986年年間ランキングは第30位。ビルボード誌の集計では、バナナラマ最大のヒット曲となった。日本のオリコンでは最高43位。
 
1986年に[[長山洋子]]がバナナラマ版ヴィーナスを日本語訳したバージョンをリリースし、オリコン最高10位、40万枚<ref>読売新聞社文化部『この歌この歌手(下)』現代教養文庫、1997年、318頁。ISBN 4390116029</ref>を売り上げるヒットとなっている(詳しくは長山洋子の項を参照)。[[黒沢ひろみ]]のカバーもオリコン最高71位を記録。[[荻野目洋子]]もアルバム『[[NON-STOPPER]]』にカバーバージョンを収めている。
 
*[[1975年]] [[山口百恵]] 『[[百恵ライブ -百恵ちゃん祭りより-]]』でカバー。
**[[みひろ]]がシングル『ヴィーナス/天使の誘惑』をみひろ with ANGEL & VENUS 名義でカバー。
*[[2009年]] [[倖田來未]]がアルバム『[[TRICK_(倖田來未のアルバム)|TRICK]] 』でカバー。
 
== 脚注 ==
{{reflist}}
 
== 参考文献==
37,672

回編集