「江川卓 (ロシア文学者)」の版間の差分

(修正。)
 
== ペンネーム ==
本名と無関係のペンネームを使用したのは、戦後間もない頃の、[[ロシア文学]]に携わっていると[[共産主義者]]であると疑われていたような時代に、秘密の文学サークルを作って活動していた名残である。[[読売巨人軍]]の[[江川卓]]と読み方こそ違えどつずりが同一であるため[[江川事件]]の際には巨人の江川と間違えられたり、その他不利益を蒙ったといい後の[[朝日ジャーナル]]での両者の対談の際に巨人OBの江川が謝罪している。
 
由来は、中国の[[揚子江]]で酒を呑んだらうまかろうという思いから<ref>[[朝日新聞]]東京本社企画報道部編『惜別 忘れ得ぬ人たち』[[主婦の友社]]、2003年、p16</ref>。
匿名利用者