メインメニューを開く

差分

== 歴史・概要 ==
2007年[[3月]]まで同枠で放送していた『[[カワズ君の検索生活]]』を最後に、フジテレビ開局から47年続いた[[バラエティ番組]]が一旦終了する(関西テレビ・フジテレビ系土曜夜11時枠時代の各番組も含む)。同年4月より23時台は、23:10までを21時から放送されている前枠の『土曜プレミアム』の放送時間を拡大し、23:10から55分までは、新たにドラマ枠を設けることを決定した。
 
フジテレビは、この時間のドラマ枠は[[ティーンエイジャー|ティーン]]、[[F1層]]、[[M1層]]をメインターゲットに絞り、キッズ、[[F2層]]が中心のゴールデン・プライムタイム(19:00~23:00)とは質の違うドラマを制作する{{要出典|date=2008年6月}}。
 
また放送時期も当初は他のドラマ枠と同じ通常クール通りの編成だったが、『SP』から『ハチワンダイバー』までは通常クールから1ヶ月ずらす編成に変更される。その為他枠のドラマより開始・終了時期がそれぞれ1ヶ月遅くなっていた。その後、『33分探偵』『Room of King』は放送期間を2ヶ月に替えている。
 
当初放送された作品は平均視聴率は11%前後を獲得しており、『ライフ』では最終回で[[深夜ドラマの一覧|深夜帯ドラマ]]歴代3位(民放では2位)となる17.4%を記録した。次の『SP』は初回で14.5%、平均で15.4%とそれぞれで歴代1位、最高18.9%(最終回)は歴代2位となり、深夜帯ドラマ史上初の平均15%越えを記録。裏番組だった『[[ナイナイサイズ!]]』([[日本テレビ放送網|日本テレビ]])を2007年9月(番組名・番組内容・時間帯移動)に、『[[ワールドビジネスサテライト土曜版]]』([[テレビ東京]])を2008年3月に終了に追い込んだ
全作品とも[[文字多重放送|字幕放送]]、[[高精細度テレビジョン放送|ハイビジョン制作]]。『33分探偵』で初めてレターボックスでの放送を取り入れた。『33分探偵』の他、『魔女裁判』『オトメン ~夏~』は、[[NTSC|地上アナログ]]のみ[[レターボックス (映像技術)|レターボックス]]で放送。
 
225,755

回編集