「広鼻小目」の版間の差分

m
新世界ザルは[[中新世]]にはアジア・アフリカに住む旧世界ザルとは既に分岐していた。この時代の南米大陸は海によって周囲から隔絶された島大陸であった。そのため新世界ザルの祖先は海を経由して他の大陸から南米に渡ってきたと考えられる。小型のサル類ならば流木等に乗って漂着できた可能性も高いためである。当時、北米大陸においてはサル類が既に絶滅していた。そのため南米の新世界ザルの祖先はアフリカ大陸から大西洋経由で南米大陸に渡って来たとの説が有力であるが(アフリカ大陸と南米大陸は当時は既に分裂していたが、両大陸間の大西洋は現在よりは狭く距離は近かった)、北米のサル類が絶滅する直前に南米に渡ってきて進化した可能性もある。
 
[[霊長類]][[真猿下目]]の[[狭鼻下目]]([[旧世界]]ザル)と広鼻下目([[新世界]]ザル)とが分岐したのは3000-4000万年前と言われている<ref name=kyoto>三上章允[http://www.pri.kyoto-u.ac.jp/official/tokyo2004/mikami.pdf  霊長類の色覚と進化]2004年9月18日。 [http://www.pri.kyoto-u.ac.jp/official/tokyo2004/ 京都大学霊長類研究所 東京公開講座「遺伝子から社会まで」]のレジュメ</ref><ref name=sur>Surridge et al. Trends Ecol. Evol. 18, 198-205, 2003</ref>。
 
広鼻下目の[[ヨザル]]は1色型色覚であり[[ホエザル]]は[[狭鼻下目]]と同様に3色型色覚を再獲得している<ref name=tokyo>[http://www.jinrui.ib.k.u-tokyo.ac.jp/kawamura/studyBackground.html 環境に適応した多様な色彩知覚メカニズム 研究進化背景] {{リンク切れ|date=2012年11月}}</ref>が、これらを除き残りの新世界ザル(広鼻下目)は[[ヘテロ接合体]]の[[X染色体]]を2本持つメスのみが3色型色覚を有し、オスは全て[[色盲]]である。これは狭鼻下目のようなX染色体上での[[相同組換え]]による遺伝子重複の変異を起こさなかったためである<ref name=kyoto/><ref name=sur/>。
 
== 分類 ==
1,572

回編集