「R過程」の版間の差分

 
== 核物理 ==
恒星核が重力崩壊型超新星爆発の直後、非常に高密度の[[中性子束]](10<font size= "-1"><sup>22</sup></font>/ cm<font size= "-1">²</font>・s )が発生し、かつ高温となり、中性子捕獲は非常に不安定な核が[[ベータ崩壊]]する間もなく行われ、'''r過程'''は中性子ドリップラインに沿って'''駈け上がる'''ことになる。このように中性子ドリップラインを上がることを阻害する制約は中性子閉核した原子核に対する中性子捕獲の[[反応断面積]]の著しい減少、[[原子核光分解]]([[:en:photodisintegration]]([γ,n]))の反応率との競合、そして、核が急激に不安定化し、[[自発核分裂]]を起こし、r過程を終了させてしまう程の重同位体領域での核の安定性である(大体それは[[核図表]]の核子の数が270程度の中性子に富んだ領域と考えられている)。中性子束が落ち着いた後、これら非常に不安定な[[中性子過剰核]]である放射性原子核は安定核に落ち着くために急速に崩壊する。そのため、s過程では中性子閉核([[魔法数]])付近に元素を作るのに対し、r過程では、原子は核図表の一定の原子量線に沿ってベータ崩壊するため、s過程で作られるものの山に比べ、10[[原子量]]ほど小さいあたりに作る。
 
== 宇宙物理学的条件 ==