「EUREKA (映画)」の版間の差分

編集の要約なし
}}
『'''EUREKA'''』(ユリイカ)は、[[青山真治]]監督による[[2000年]]の[[日本映画]]。『[[Helpless]]』から本作、そして『[[サッド ヴァケイション]]』と続く“北九州サーガ”の第2作である。
ユリイカ(EUREKA)は、ギリシャ語で「発見」の意。
キャッチフレーズは「癒しと再生の一大叙事詩」。
 
第53回[[カンヌ国際映画祭]]で国際批評家連盟賞とエキュメニック賞を受賞し、第14回シンガポール国際映画祭で最優秀アジア映画賞(2001年)を受賞、さらにベルギー王立フィルムアーカイブよりルイス・ブニュエル黄金時代賞を授与されている。監督である青山自身によって執筆されたノベライズは2000年に[[角川書店]]より刊行され、第14回[[三島由紀夫賞]]を受賞した。
 
== 概要 ==
モノクロ・フィルムで撮影して現像時にカラー・ポジにプリントするクロマティックB&Wという手法が採用されている。挿入曲として、[[アルバート・アイラー]]「Ghosts」と[[ジム・オルーク]]「Eureka」が使われている。
主なロケ地は福岡県甘木市(現 [[朝倉市]])
 
== ストーリー ==
[[九州]]で起きた[[バスジャック]]事件によって、心に深い傷を負った運転手の沢井、中学生の直樹と小学生の梢の兄妹は、人生の再生をかけた旅に出る。
 
== エピソード ==
この映画の撮影後、公開前に[[西鉄バスジャック事件]]が起きている。
 
== キャスト ==
*録音 - [[菊池信之]]
*音楽 - [[山田勳生]]
 
== 撮影協力 ==
西鉄、NKハウジング、九州ジャスコ、FUJITA、博多東急ホテル、国富 海の中道海浜公園、JR九州、阿蘇神社、IDO、さとう葬祭、毎日新聞九州印刷センター、トライワークス、九州ビジュアルアーツ、原口組、ジャパレンAVIS、久保組、プランニング秀功社、日本ポラロイド、甘木シティホテル、はくすいの宿、かねも、村田屋旅館、七福旅館、阿蘇高森ゴル倶楽部、やきとり権兵衛
 
== 出品映画祭 ==
カンヌ、ミッドナイト・サン、ミュンヘン、エルサレム、メルンボルン、トロント、ニューヨーク、プサン、モントリーオール、ウィーン、サンパウロ、テサロニキ、ロッテルダム、ブエノスアイレス、シンガポール、モスクワ、エジンバラ、ヘルシンキ、ルブリャナ
 
== 外部リンク ==
匿名利用者