「板谷四郎」の版間の差分

編集の要約なし
m (dab AWB)
{{出典の明記|date=2012年11月}}
'''板谷 四郎'''(いたや しろう、[[1913年]][[6月10日]] - [[1995年]][[9月29日]])は、[[棋士 (将棋)|将棋棋士]]。[[三重県]][[伊勢市]]出身。A級在籍3期。[[木村義雄]]十四世[[名人 (将棋)|名人]]門下。棋士番号29。将棋棋士の[[板谷進]](将棋棋士、九段は次男。
 
== 人物経歴 ==
[[1940年]]、二段で当時の木村義雄[[名人]](当時)に入門。[[1941年]]四段、[[1950年]]八段。1950年度の第1期[[十段戦 (将棋)|九段戦]]で準優勝。1954年全八段戦優勝。1959年引退。[[名古屋市]]定着しおいて[[日本将棋連盟]]東海本部長を長く務めたほか、板谷進、[[石田和雄]]、[[北村文男]]らの弟子を育成した。[[1979年]]九段。[[1995年]][[肺気腫]]のため82歳で死去。
 
== 逸話 ==
1986年、[[岐阜県|岐阜]]で行われた十段戦七番勝負第2局の立会人を務めていたときに、打ち上げの席にその頃[[酒]]で身を持ち崩し将棋の方も投げやりになっていた[[芹沢博文]]九段が現れた。この時板谷は「芹沢、お前の最近の態度は何だ。ほかでチャラチャラ稼ぐから将棋がおろそかになるのだ」と面と向かって叱咤した。当時の芹沢に面と向かってそれを言った棋士は板谷だけだったという。([[山田史生]]「将棋名勝負の全秘話全実話より)
 
== 昇段履歴 ==