「録音」の版間の差分

m
編集の要約なし
m
'''録音'''(ろくおん)または'''{{Redirect|レコーディング'''は、[[音]]を[[メ|動画のレコーディア (媒体)ング|媒体]]に[[画|一般論|記録]]することである。}}
 
'''録音'''(ろくおん)または、[[音声]]の'''レコーディング''' ({{en|recording}}) は、音声を[[メディア (媒体)|記録媒体]]に[[記録]]することである。
==概要==
一般的には空気の疎密波を何らかの形に変換して電気的・光学的ないし物理的な構造物を媒体として[[記録]]する行為を指す。
 
一般的には空気の疎密波を何らかの形信号に変換して電気的または光学的ないしまたは物理的な構造物を媒体として[[記録]]する行為を指す
 
== 媒体 ==
古くは[[レコード|アナログレコード]]による物理構造への変換が行われていたが、物理接触を伴う媒体では[[磨耗]]が発生し、また記録から音声を[[再生]]した際の出力が小さい事から、電気的に[[増幅器|増幅]]するようになり、次いで電気的信号を[[磁気]]媒体に記録する方法へ、更には電気信号を[[デジタル]]化して磁気的ないし光学的な媒体へ記録するように変化していった。近年では電子的媒体([[メモリーカード]]等)への記録装置も見られる。
 
録音の歴史は、[[1877年]]に[[トーマス・エジソン]]が円柱型アナログレコードを開発した事に始まる。なお[[1857年]]には[[エドアード・レオン・ スコット]]による[[フォノトグラフ]]と呼ばれる装置もあったが、フォノトグラフは音声を波形図に変換する[[地震計]]のような装置で、当時は音声を再生する事は出来なかった。<ref>余禄ではあるが、2008年に米国の科学者チームがこのフォノトグラフで記録された図形をコンピュータ解析、1860年に記録されたフランス民謡「月の明かりに」の再生に成功したと主張している([[フォノトグラフ]]参照)。</ref>
 
:実際にはフランス人[[シャルル・クロス]]が、円盤を使ったほぼ同機構の録音装置に関する論文を、エジソンの録音装置発表の約4ヶ月前に発表していた。しかし実際に利用できる実物を完成させたのはエジソンが先であったため、「録音装置の発明はエジソン」といわれるようになっている。
 
また、[[1927年]]にはそれまで[[無声映画]]であった映画に音声を記録する[[トーキー]]が発明された。これは映像を記録するフィルムの余白部分に音声信号を光学的に記録したものである。
 
その後、1世紀近くはアナログレコードの天下が続いている。[[1938年]]にはドイツで[[磁気テープ]]が開発され、[[1963年]]には[[オランダ]][[フィリップス]]社が磁気テープをカートリッジ化したコンパクトカセットを発表、一般の録音記録需要ではこれが利用されるようになっていった。ただ当時の磁気テープはテープ素材の関係で伸びやすく、繰り返しの録音・再生で劣化しやすかった。このため繰り返しの再生が求められるメディアは、専らレコードが優位とされていた。
 
この磁気テープとレコードの時代を激変させたのが[[1979年]]のフィリップス社と[[ソニー]]の共同開発による[[コンパクトディスク]](CD)の発表である。ソニーが早々とアナログレコードの生産を打ち切ったこともあり、傷や埃に極めて弱く、また繰り返し使えば磨耗するレコードは10年と経たずにCDに取って代わった。しかし[[ディスクジョッキー]]や[[オーディオマニア]]といったアナログレコードの支持層がいるため、レコード盤、プレーヤー、レコード針の生産は現在でも細々と続いている。
なお[[ビデオカメラ]]の普及にも伴って、一般家庭では録音のみの記録作成という用途は減っており、音声と[[映像]]を同時に記録することが、[[1990年代]]以降では当たり前のものとなっている。
 
===備考=実例 ==
* 音声情報の記録だが、古いものではアナログ[[蝋管レコード(記録媒体に柔らかい[[蝋]]をつかっていによため、機材を持ち込んでの、その場で録音が可能であった)のものが多く、この私家録音でエジソンの肉声、不鮮明ながら残されている。
* [[アボリジニ]]は一括りにされている、話者数、実際には様々民族い多数子孫であるともされ、多様な言語文化ってい。しかしその部族には迫害や疫病で絶滅したものも多く、各々の部族に固有であった言語文化の解明は困難である。しかし一部部族では当時の民俗学者が現地で録音した記録も残っており、これが言語形態や文化形態の解明に役立っているという。[[インディアン]]などでも古い音声が録音で残っている場合もあり、文字文化をもたなかった民族の、歴史資料的な価値が見出されている。
 
* [[アボリジニ]]は一括りにされているが、実際には様々な民族の子孫であるともされ、多様な言語文化をもっていた。しかしその部族には迫害や疫病で絶滅したものも多く、各々の部族に固有であった言語文化の解明は困難である。しかし一部部族では当時の民俗学者が現地で録音した記録も残っており、これが言語形態や文化形態の解明に役立っているという。[[インディアン]]などでも古い音声が録音で残っている場合もあり、文字文化をもたなかった民族の、歴史資料的な価値が見出されている。
 
* [[コックピットボイスレコーダー]]のような装置は、従来は関係者死亡のため原因究明が困難とされた[[航空事故]]で、航空機内や通信内容の音声を記録した貴重な証拠として利用されている。これによって事故原因が究明される事例も多く、後の航空機の安全性向上に大きな役割を果たしている。
 
 
==脚注==
{{脚注ヘルプReflist}}
<references />
 
== 関連項目 ==
* [[レコーディング・エンジニア]]
* [[マスタリング・エンジニア]]
 
{{tech-stub}}
{{音楽}}
{{Audio formats}}
 
{{音楽}}
{{DEFAULTSORT:ろくおん}}
 
[[category:録音|*]]
[[Category:複製]]
[[Category:情報技術史]]
 
[[de:Tonaufzeichnung]]
7,055

回編集