「Gettext」の版間の差分

冒頭で、地域化を意識した文章(LOCALE依存した訳表示なので厳密には多言語でない。)
(画像、Commonscat、仮リンク、ユーザの節を加筆)
(冒頭で、地域化を意識した文章(LOCALE依存した訳表示なので厳密には多言語でない。))
| website = http://www.gnu.org/software/gettext/
}}
'''gettext'''は[[国際化と地域化|国際化]]に対応する[[ライブラリ]]構成要素の一つであり、様々な地域の[[言語]]に対応した地域化ソフトウェアを[[ソフトウェア開発|開発]]する際に用いられる。gettextライブラリを用いることで、ソフトウェアの対話的メッセージを翻訳された現地語にて容易に表示させることができる。
 
== gettextによるソフトウェア国際化 ==
匿名利用者