「大喪儀」の版間の差分

編集の要約なし
'''大喪儀'''(たそうぎ)は、[[天皇]]・[[皇后]]・[[太皇太后]]・[[皇太后]]等の[[皇室]]の[[葬儀]]のこと。
 
現在の[[日本国憲法]]下では、現[[皇室典範]]の規定により[[天皇]]の時は、国の儀式として「[[大喪の礼]]」が行われる。
 
戦後、[[日本国憲法]]施行後は、[[1989年]]の[[昭和天皇]]の場合には、[[政教分離原則]]に反しない形で国家の儀式として「[[大喪の礼]]」、皇室の儀式として「大喪儀」と、名目上は分離され開催されており、「大喪儀」は神道に則った形式で執り行われた。
 
== 脚注 ==
<references/>
匿名利用者