「Il-2 (航空機)」の版間の差分

表示できない画像をコメントアウト
(表示できない画像をコメントアウト)
== 概要 ==
[[ファイル:Bundesarchiv Bild 183-R85077, Sowjetisches Schlachtflugzeug über Berlin.jpg|thumb|Il-2(1945年4月)]]
<!--[[ファイル:Bundesarchiv Bild 183-D0331-0042-012, Russische Flugzeuge über Berlin-Lankwitz.jpg|thumb|ベルリン上空を飛行するIl-2]]-->
[[ファイル:IL-2VVSWWII.jpg|thumb|ベルリン上空を飛行するIl-2(1945年)]]
[[ファイル:Il-2.svg|thumb|Il-2[[投影図]]]]
Il-2は[[1938年]]にソビエト中央設計局(TsKB)の設計主任、[[セルゲイ・イリューシン]]を長とする設計チームが開発した '''TsKB-55'''('''{{lang|ru|ЦКБ-55}}''')を発展させた対地攻撃機である。当初は'''BSh-2'''('''{{lang|ru|БШ-2}}'''<small>ベーシャー・ドヴァー;「{{lang|ru|БШ}}」は「{{lang|ru|Бронированный штурмовик}}」すなわち「装甲されたシュトゥルモヴィーク」を意味する</small>)として開発され、その後、採用に伴い機種は「重シュトゥルモヴィーク」({{lang|ru|Тяжелый штурмовик}})と改められた。原型機のTsKB-55は[[1939年]]に完成して初飛行した。その後、軽量化単座型のTsKB-57が[[1940年]][[10月]]に初飛行し、各種試験で高い性能を示した。そのため、試験審査の終了した[[1941年]][[6月]]より「'''Il-2'''」と改称されて直ちに量産が開始され、実戦部隊への配備が進められた。
 
匿名利用者