「筑後十五城」の版間の差分

編集の要約なし
'''筑後十五城'''(ちくごじゅうごじょう)は[[戦国時代]]の[[筑後国]]における[[大身]]十五家の総称である。
 
筑後国には一国を統一する勢力は出現せず、近隣の大大名で[[筑後国|筑後]][[守護]]となっていた[[大友氏]]の幕下で各地域の[[国人]]大身領主が共存共栄的に存在していた。それらの国人の中でも特に力を持っていた15の家を「大身十五家」あるいは「筑後十五城」と言う。
 
その筆頭で筑後を統括していたのが下筑後に1万2千町(後の禄高表記では約12万石)を領し、[[柳川城]]を本拠とした[[蒲池氏]]だった。『大友幕下筑後領主附』において蒲池氏本家で柳川に拠る下蒲池(1万2千町)と、分家で山下に拠る上蒲池(8千町)に分かれているのは、筑後における蒲池氏の勢力が群を抜いており、さらに強大になり、大友幕下から独立してしまう事を恐れた大友氏が、[[蒲池鑑久]]の弟の[[蒲池親広]]に別家をたてさせて大名分として取り立て、蒲池氏の勢力を分散したことによる。
 
蒲池氏を筆頭とする筑後の国人領主は、大友氏の幕下にあって戦の度に動員されはしたものの、軍事以外の領国経営においては独立していた。つまり筑後十五城の大身たちは大友氏の軍事力に従っているにすぎず、常に独立あるいは敵対の可能性を秘めていることになり、そのため大友氏は、筑後国内に「高一揆衆」という大友氏直参の[[国人]]の小豪族を配置し、「大名分」としての筑後十五城の国人大身を監視した。
 
大友氏が[[耳川の戦い]]で[[島津氏]]に大敗し、十五城筆頭の[[蒲池鑑盛]]が討ち死にするや、[[肥前国]]の[[龍造寺氏]]が筑後に侵攻を開始し、山下城に篭城して頑強に抵抗した上蒲池の[[蒲池鑑広]]、今山城の[[三池鎮実]]、また一貫して大友氏に付いた[[問註所鑑景]]など少数の例外を除いて新興の龍造寺側に与することになる。
筑後十五城筆頭の柳川の[[蒲池鎮漣]]の妻は[[龍造寺隆信]]の娘であり、鎮漣は義父の隆信の与力として龍造寺氏の尖兵となるが、やがて隆信と反目し、隆信は[[柳川城]]を包囲するが、九州屈指の堅城である柳川城を攻めきれず、隆信は鎮漣と一旦和睦した後に肥前に招いて謀殺し、下蒲池を滅ぼして柳川を制圧した。
 
蒲池氏に対する龍造寺隆信の冷酷な行為に反感を抱いた筑後の国人大身領主達は次第に龍造寺氏から離れ、下蒲池一族殺害に協力した[[田尻鑑種]]をはじめ、[[黒木家永]]や[[黒木氏]]の出で蒲池の名跡を継いだ[[蒲池益種]]などが龍造寺氏に対して兵を起こし、龍造寺隆信は筑後経営に手を焼くことになり、龍造寺氏没落の遠因ともなる。
 
筑後十五城は以下の通り(『大友幕下筑後領主附』他)。
3,499

回編集