「アンドレアス・エシュバッハ」の版間の差分

m
編集の要約なし
m
| website =
}}
'''アンドレアス・エシュバッハ'''(Andreas Eschbach、[[1959年]][[9月15日]] - )は、[[ドイツ]]の[[サイエンス・フィクション|SF]]作家。男性。ドイツ南部の[[バーデン=ヴュルテンベルク州]][[ウルム]]生まれ。[[シュトゥットガルト大学]][[航空宇宙工学]]科卒。
 
1995年に初の長編を発表して以来、ドイツの主要SF賞である{{仮リンク|ドイツSF大賞|de|Deutscher Science Fiction Preis}}と{{仮リンク|クルト・ラスヴィッツ賞|de|Kurd-Laßwitz-Preis}}をどちらも複数回受賞。SFと[[冒険小説]]を融合させた作風で高く評価され、その作品は[[ドイツ語]]圏のみならずヨーロッパの諸言語に[[翻訳]]され各地で人気を博している。
 
== 略歴 ==
大学卒業後は[[コンピュータ]][[コンサルタント]]会社を経営。1995年、初の長編小説『毛髪絨毯編み』(未訳 Die Haarteppichknüpfer)を発表。この作品は翌年、{{仮リンク|ドイツSFクラブ|de|Science Fiction Club Deutschland}}(Science Fiction Club Deutschland、略称SFCD)が選考するドイツSF大賞を受賞した。
 
1996年に専業作家となる。1996年、近未来の日本の[[宇宙ステーション]]で起こった殺人事件とそれに端を発する[[陰謀]]を描いた長編第2作『ソーラーステーション』(未訳 Solarstation)を発表。この作品と、1998年発表の長編第3作『イエスのビデオ』、2004年発表の長編"Der Letzte seiner Art"(未訳)の3作品はドイツSF大賞およびクルト・ラスヴィッツ賞の二冠に輝いている<ref>ドイツSF大賞とクルト・ラスヴィッツ賞の二冠作品で日本語訳のあるものはエシュバッハの『イエスのビデオ』のほかに、[[フランク・シェッツィング]]の『[[深海のYrr]](イール)』がある。</ref>。クルト・ラスヴィッツ賞はドイツ語圏のSF創作の先駆者である[[クルト・ラスヴィッツ]](1848-1910)の名を冠した賞で、ドイツ内外のSF専門家が選考を務める。
 
エシュバッハはその後もドイツのSF賞を複数回受賞。また国外ではフランスの{{仮リンク|イマジネール大賞|fr|Grand prix de l'Imaginaire}}(旧称 フランスSF大賞)やベルギーの{{仮リンク|ボブ・モラーヌ賞|fr|Prix Bob-Morane}}も複数回受賞している。日本では、2003年に翻訳出版された『イエスのビデオ』が[[早川書房]]の『[[SFが読みたい!]]』で第10位にランクインした。
 
[[宇宙英雄ペリー・ローダン]]シリーズの執筆にも参加。また、一般向けのSF小説以外に児童・[[ヤングアダルト]]向けのSF小説も執筆している。日本では2002年発表の『パーフェクトコピー』が翻訳出版されている。
 
== 主な受賞歴 ==
* [http://www.andreaseschbach.com/ アンドレアス・エシュバッハ公式サイト](ドイツ語)
{{Normdaten|TYP=p|GND=121349489|LCCN=nr/95/28505|VIAF=49384531|NDL=00908019}}
 
{{DEFAULTSORT:えしゆはつは あんとれあす}}
[[Category:ドイツのSF作家]]
[[Category:ドイツの児童文学作家]]
[[Category:バーデン=ヴュルテンベルク州出身の人物]]
[[Category:1959年生]]
[[Category:存命人物]]
[[Category:1959年生]]
 
[[cs:Andreas Eschbach]]
37,316

回編集