「縦横家」の版間の差分

m (r2.7.2+) (ロボットによる 変更: ca:Escola dels diplomàtics)
*[[連衡]]は秦と同盟し生き残りを図る政策のことで、秦とそれ以外の国が手を組んだ場合、それらが東西に並ぶことを「横」=「衡」といったことによる。
 
諸子百家といわれるものにはほかにも各国を説いて回ったものはいるが、それらの多くがそれぞれの思想に基づく理想を実現するためであったのに対して、いわゆる縦横家にはそのようなものはなく、ただそれぞれの国において喜ばれるような政治手法を論じるのが常であった。たとえば[[蘇秦]]は合従を[[燕 (春秋)|燕]]の文公に説いて六国をまとめ、十五年にわたって[[秦]]の東進を止めたが、伝説によると燕を訪れる前に彼は秦に向かっており、そこでは彼は東進して覇を唱える方法を論じた。彼が秦で認められなかったのは全く秦の都合だけであったという。
 
==代表的人物==