「江別市」の版間の差分

王子製紙→王子特殊紙
(王子製紙→王子特殊紙)
[[1878年]]8月に江別太(現在の王子地区周辺)に[[屯田兵]]村が置かれ、同年11月に江別村が誕生した。[[1881年]]にも養蚕を営む屯田兵が入植したが、これらの試みは成功しなかった。しかし[[1882年]]、[[官営幌内鉄道]]が開業し江別駅が設けられると、石狩川水運と鉄道輸送の結節点として市街地が形成された。その後あらためて江別兵村、野幌兵村が設けられ、[[1884年]]以降3年間にわたり屯田兵432戸が入植し、開拓事業にあたった。また屯田兵以外の人々による開拓も多かった。中でも大きな成果を挙げたのは新潟県人による北越殖民社で、1886年に江別太へ17戸、1890年には野幌南部へ204戸の入植を果たし、稲作を成功させた。
 
明治の中ごろになると工業が芽生え始めた。1891年に江別太で煉瓦工場が操業した。ほどなくして[[北海道炭砿鉄道]]により野幌煉瓦工場が作られ、また鉄道資材の生産も行われた。[[1897年]]に市街地の大半を失う火災にも見舞われたが復興をとげ、1908年には富士製紙会社北海道工場(現:[[王子製紙|王子特殊紙]]江別工場)が操業を開始。労働者も多く住むようになり、[[1916年]]には町制を施行した。
 
第二次世界大戦後には引揚者を積極的に受け入れ、また戦後復興にも力を注ぎ人口は伸びていった。[[1953年]][[5月23日]]に市街地の半分を焼く大火を出しながらも、翌年には市制を施行した。1963年に東野幌に炭鉱離職者団地、翌年道営大麻団地が建設されると宅地化が進行、札幌の衛星都市としての性格が強まった。
=== 産業 ===
*農業は乳用牛の生産額が特に大きい。米、野菜の生産もさかん。
*1908年に北海道最初の製紙工場「富士製紙株式会社北海道工場(現:王子特殊紙江別工場)」が操業を開始、現在に至る
*野幌地区を中心に古くから窯業製品(特に煉瓦)の製造が盛んで国内屈指の生産量を誇る
 
708

回編集