「アウグスト・セサル・サンディーノ」の版間の差分

m
編集の要約なし
m (r2.7.1) (ロボットによる 追加: uk:Августо Сесара Сандіно)
m
}}
 
'''アウグスト・セサル・サンディーノ'''('''Augusto César Sandino''', [[1895年]][[5月18日]] - [[1934年]][[2月21日]])は、[[ニカラグア]]の農民、愛国者、[[革命家]]であり、[[1927年]]から[[1933年]]にかけての駐ニカラグア[[アメリカ海兵隊]]に対する抵抗運動の指導者であった。政治的な理由により[[アメリカ合衆国|アメリカ]]政府からは盗賊と見なされたが、その功績は彼を[[ラテンアメリカ]]ナショナリズム([[アメリカ主義]])の英雄とした。'''自由な人々の将軍'''('''General(General de hombres libres''')libres)とも呼ばれた。
 
彼は[[キューバ]]の[[ホセ・マルティ]]や[[ウルグアイ]]の[[ホセ・エンリケ・ロドー]]が認めて以来燻っていた、[[アングロ・アメリカ]]とは異なるラテン・アメリカの精神的な価値を体現する存在として、ラテンアメリカにおける[[アメリカ合衆国]]の支配に対する抵抗運動のシンボルとなった。サンディーノはニカラグア民族主権防衛軍を組織し、アメリカ軍を不正規ゲリラ戦に引きずり込み、その捕縛の手からうまく逃げおおせ、最終的には[[アメリカ軍]]に撤退を強いてニカラグア政府からも著しい譲歩を得た。しかしながら彼は[[1934年]]にニカラグア[[国家警備隊]]司令官の[[アナスタシオ・ソモサ・ガルシア]]将軍によって殺害される。しかし、彼の遺志は[[サンディニスタ民族解放戦線]]に引き継がれ、[[1979年]]にニカラグアを親子三代に渡って支配していた[[ソモサ]][[独裁]]政権は打倒された。
 
==生い立ち==
サンディーノは'''アウグスト・ニコラス・カルデロン・サンディーノ'''('''Augusto(Augusto Nicolás Calderón Sandino''')Sandino)として、[[太平洋]]側[[マサヤ県]]の寒村[[ニキノオモ]]で白人の中規模コーヒー地主のドン・グレゴリオ・サンディーノと、その農場で働いていた[[インディオ]]の女中、マルガリータ・カルデロンの間に[[私生児]]として生まれた。後にグレゴリオが結婚するとアウグストを正式に自分の息子だと認知し、サンディーノは9歳まで母親と共に暮らした後、父親と家族の家に移り住んだ。
 
当時のニカラグアでは[[ウィリアム・ウォーカー|ウォーカー戦争]]以前から対立し、時折内戦を起こしていた自由党派と保守党派が都市ごとに別れて激しく対立していたが、ドン・グレゴリオは熱心な自由党派であり、サンディーノも父親の影響を受けて自らも自由党派を名乗り、後に護憲戦争が始まった時は自由党軍の将軍として参戦する。