「テレグノシス」の版間の差分

種牡馬引退についての追加など
(+xl using AWB)
(種牡馬引退についての追加など)
|種 = [[サラブレッド]]
|生 = [[1999年]][[5月11日]]
|死 = (現役種牡馬存命
|父 = [[トニービン]]
|母 = メイクアウイッシュ
|金 = 4億4637万8000円([[中央競馬]]のみ)
}}
'''テレグノシス'''(英語表記''Telegnosis''、香港表記''千里通'')とは[[日本]]の元[[競走馬]][[種牡馬]]。[[2002年]]の第7回[[NHKマイルカップ]]の優勝馬である。馬名は、造語で「千里眼」・「遠知能力」を意味する"''Telegnosis''"から名づけられた。
 
[[トニービン]]産駒らしく[[東京競馬場]]での競走を得意にしていた。NHKマイルカップ以外の[[重賞]]勝利に[[毎日王冠]]([[2004年]])、[[京王杯スプリングカップ]]([[2003年]])があり、これらも東京競馬場で施行されている。また、重賞以外の勝利も東京競馬場でのもので、その勝ち鞍のすべてが東京競馬場ということになる。
 
== 種牡馬として ==
2006年[[11月22日]]、競走馬登録を抹消し引退。[[2007年]]より[[レックススタッド]]で繋養されている。初年度2007年の種付け料は受胎確認後条件20万円、産駒誕生後条件30万円で供用開始。[[2010年]]に初年度産駒がデビューし、その中で[[7月17日]]に[[新潟競馬場]]で行われた[[新馬|メイクデビュー新潟]]にてマイネイサベルが勝利し、産駒の中央競馬初勝利を記録した。マイネイサベルは[[9月5日]]の[[新潟2歳ステークス]]も制し、産駒の中央重賞初勝利、2010年デビューの新種牡馬の重賞勝利一番乗りも果たしている。ただ、マイネイサベル以外の産駒は総じて不振だったこともあり、2012年を最後に種牡馬を引退し、乗馬に転用された。引退報道前にマイネイサベルが重賞2勝目を挙げていたが、その時点ですでにレックススタッドを退厩していたという[http://www.keibabook.co.jp/homepage/topics/topicsinfo_new.aspx?subsystem=0&kind=0&category=09&filename=KON23711]
 
=== 代表産駒 ===
2,818

回編集