「青空文庫」の版間の差分

m
編集の要約なし
m (r2.7.2) (ロボットによる 追加: jv:Aozora Bunko)
m
=== ルビの表記 ===
[[ルビ]]の表記は |と《》によって表現される。<ref>[http://www.aozora.gr.jp/KOSAKU/MANUAL_2.html HTML版工作員作業マニュアル 2.入力-1(青空文庫)]→(5)特殊な表記</ref>ルビを《》で囲んだり|でルビのかかる文字列を特定するのは、[[視覚障碍者読書支援協会]](BBA)<ref>[http://bba-book.net/ 視覚障碍者読書支援協会のサイト]{{404|date=2011年5月|title=403エラー(2011.5.29閲覧)}} ([http://web.archive.org/web/20080616183035/http://bba-book.net/ 視覚障碍者読書支援協会サイトのウェブアーカイブ])</ref>の原文入力ルールに合わせた<ref>[http://attic.neophilia.co.jp/aozora/genndainotoshokan.html 〈イネーブル・ライブラリー〉としての青空文庫] ([[富田倫生]]、初出「現代の図書館」1999年9月号 Vol.37 No.3)</ref><ref>[http://www.aozora.gr.jp/link2.html 「リンク」ページ(青空文庫)]</ref>ものである。
: {{Indent|青空|文庫《ぶんこ》}}
とあれば、「ぶんこ」というルビが「文庫」についていることを示す。
: {{Indent|本日は晴天《せいてん》なり。}}
のように、仮名と漢字の間に|が入る場合は|を省略することも出来る。
: {{Indent||ブルースカイ《青空》}}
のように、仮名にルビを強制的に振る時に使用することもある。
 
=== 入力者注 ===
底本の再現の補助として'''入力者注'''の形式も定められている。
: {{Indent|これ[#「これ」に傍点]を、使って下さい。}}
: {{Indent|喉を掻き※[#「てへん+劣」、第3水準1-84-77]《むし》って}}
のように傍点を入れたり、[[JIS X 0208]]漢字に含まれない旧字や外字などを説明したりする時などに使われることが多い。
 
1,272

回編集