「応答関数」の版間の差分

:<math>y(t)=\int_{-\infty}^{t}\phi(t-s)x(s)ds</math>
 
ステップ応答関数<math>\psi(t)</math>の場合は,右辺が<math>\int_{-\infty}^{t}\psi(t-s)dx/ds\dotcdot ds</math>となる.
 
周波数応答関数を<math>\Phi(\omega) </math>(一般に複素数),入力<math>x</math>のフーリエ変換を<math>X(\omega)</math>とすると,出力のフーリエ変換は<math>Y(\omega)=\Phi(\omega)X(\omega)</math>となる.
匿名利用者