「三国協商」の版間の差分

m
これによって外交的に孤立したロシアは同じく孤立していたフランスに接近し、翌年の[[1891年]]から[[1894年]]にかけて交渉を行い、[[1891年]]に政治協定を、次いで[[1894年]]に軍事協定を成立させた([[露仏同盟]])。
 
その動きを見たドイツは行動に移り、いわゆる[[3B政策]]([[バグダード]]・[[イスタンブル|ビザンティウム]]・[[ベルリン]])を推進して[[西アジア]]への進出を図り、イギリスの[[3C政策]]([[カイロ (エジプト)|カイロ]]・[[ケープタウン]]・[[コルカタ|カルカッタ]])との対立を深めていった。こうなると最強国イギリスの力をもってしても西アジアにおけるドイツ・[[東アジア]]におけるロシアと言う二つの敵を独力で抑える事は難しくなり、長い間保持してきた「[[栄光ある孤立]]」を放棄し、[[1902年]]に[[日本]]と[[日英同盟]]を、[[1904年]]に長年の宿敵・フランスと[[英仏協商]]を結んで、それぞれロシアとドイツの伸張を食い止めようとした。
 
更に[[日露戦争]]におけるロシアの敗戦により、東アジアにおけるロシアの伸張が抑えられた今ならばロシアとの利害の調整が可能になると考え、[[1907年]]に[[英露協商]]を結んだ。この露仏同盟・英露協商・英仏協商によって作れる三国の協調関係を指して'''三国協商'''と呼ばれる。
 
== 結果 ==
この三国協商と三国同盟とは当時の列強が二分して相い争う状況を作り出した。しかし三国同盟からは早々にイタリアが脱落し<ref>イタリアが三国同盟に加盟した理由は、[[チュニジア侵攻]]を行ったフランスに対して敵愾心を持っていたところへ、フランスの孤立を図っていたビスマルクが勧誘したことによる。但し、この際イタリアはオーストリアに対する[[未回収のイタリア]]問題を断念せねばならず、三国同盟は締結当初から強力な一枚岩体制ではなかった。</ref>、[[1902年]]にはフランスとの間で[[仏伊協商]]を結ぶ<ref>[[第一次エチオピア戦争|エチオピア戦争]]敗北後のイタリアは、むしろフランスとの提携によって地中海・アフリカ北岸政策を進めるようになる。[[1900年]]には秘密協定を結び、フランスの[[モロッコ]]における優越を、イタリアの[[トリポリ (リビア)|トリポリ]]・キレナイカにおける優越をそれぞれ相互に承認することとなった。そしてこの協商により、ドイツがフランスを攻撃した場合において、イタリアは参戦義務を負わないことが定められた。</ref>。更にオーストリアも国内の民族闘争の激化<ref>[[多民族国家]]であるがゆえに、政府は[[民族自決]]の要求に絶えずさらされていた。''詳細は「[[オーストリア=ハンガリー帝国]]」を参照''</ref>により機能不全に陥り、実質上は三国協商対ドイツの様相を呈すことになる。
 
その後の[[バルカン半島]]の緊張の高まりに連れて協商の重要性は高まり、三国は更に関係を緊密にしていく。[[第一次世界大戦]]では三国協商の[[連合国 (第一次世界大戦)|連合国]]勢力に対して、ドイツ・オーストリアは[[オスマン帝国]]を引き込んで[[中央同盟国]]勢力を作って戦うも、連合国側の勝利に終わった。
336,764

回編集