「施工」の版間の差分

編集の要約なし
(+複数の問題タグ。建築士設計者として設計業務を行い、工事監理者としては施工(=工事)時の第三者による監理業務を行うが、法的には別です。)
{{複数の問題|独自研究=2012-4|出典の明記=2012-4}}
[[ファイル:Prefabricated house construction.gif|thumb|right|プレハブ建築の施工]]
'''施工'''(しこう、せこうとも)とは、[[設計]]図書([[設計図]]、あるいは仕様図、ともいう)に基づき、[[建築物]]並びに[[工作物]]を作り上げると同時に、所定の性能、仕様、意匠を作り上げることである。「せこう」との慣用読みもある。施工が設計図書通りに遂行されているかを第三者として監理するものを[[設計者]]という。
 
また、外注総額3000万円以上となる工事の施工を設計図書通りに遂行する様、実際に現場で管理するものを[[監理技術者]]といい、一級施工管理技士等の資格を有する必要がある。[[施行]]と誤記されることがある。
匿名利用者