「ウィットナー」の版間の差分

編集の要約なし
[[1880年]](明治13年)、[[スイス]]から[[ドイツ系アメリカ人|ドイツ系スイス人]]移民の「アルベルト・ヴィットナウアー」こと'''アルバート・ウィットナー'''({{lang-en|'''Albert Wittnauer'''}})が義弟とともに創業した。
 
アガシズ(Agassiz)、[[アンジェラス]]、[[オーデマ・ピゲ]]、[[ロンジン]]<!-- 特に関係が深く「ロンジンのアメリカ向けブランド」と解説されることも多い程であるが別会社である。-->、トーション(Touchon)等のスイス時計を輸入した。アメリカが輸入時計に高い関税を課したため、後には、エボーシュ(半完成品の機械)をスイスから輸入し、アメリカ国内で組立て、自社ブランドのケースに入れて販売するようになった。エボーシュを供給したメーカーが[[レビュートーメン]](Revue-Thommen)だったため、「Wittnauer Revue」というブランド銘が文字盤に表記されているものもある。
 
[[1956年]](昭和31年)に[[ボルシー]]を買収してカメラ業界に参入、翌[[1957年]](昭和32年)から[[1960年]](昭和35年)までの間、[[ブラウン (企業)|ブラウン]]のカメラを輸入販売した。
5

回編集